車ドアの静電気防止方法と降りる時に発生する原因 体質は関係ある?

車ドアの静電気
・降りる時がとくにひどい
・毎回バチっと来て車利用が憂鬱
・静電気の回避方法は無いの?

車を降りる時のドアの静電気、毎回バチバチきてホントに嫌になっちゃいますよね!静電気防止グッズも、最近の車はキーレスなので持たないし、、、何か回避する方法は無いの!?とお探しのあなたに、車を降りる時の静電気対策をお伝えします!

車ドアの静電気防止方法

車ドアの静電気対策を紹介します。憂鬱な指先の傷みから解放されましょう!

地面に足をつく前にドアに触れる

体に帯びている静電気を指先から流れないようにするには、まず地面に足をつく前に、ドアの金属部分に触れます。このときに指先から行くと、狭い範囲にいい気に静電気が流れやすくなるのでバチっと来てしまいます。なるべく掌で一気にドアを触るようにし、静電気が流れる範囲を広くします。指先から電気が流れると痛いですからね^^;

足を地面に先についてしまうと、ドアから大地への電気の通り道を作ってしまいますので、ドアに触れてから地面に足をつきます。

衣類の静電気を防止する

衣類の静電気を溜めにくくする「帯電防止剤入り柔軟剤」等を使うと静電気の発生が軽減されます。柔軟剤を変えたくない場合は、「エレガード」のような衣類に吹きかける静電気防止スプレーがあります。これなら車の乗り降り以外にも、洋服を脱ぐときのバチバチも軽減できますね!

車のシートの静電気を防止する

車のシートの材質によって、静電気が起きやすくなっているかもしれません。車のシートに静電気防止のカバーをかぶせることも有効手段のひとつ。シートに吹きかける静電気防止のスプレーもありますので車屋さんで探してみましょう。

車を降りる時に静電気が発生する原因

車を降りる時に静電気による痛みを感じる人が多いです。車に乗っている時に静電気を体にため込んでしまうんですね。車のシートと衣類の摩擦によって電気が起き、体や衣類自体に帯電します。これが車を降りる時にドア等に触れ、指先から解放されることでバチっと来ます。

乾燥する時期が一番静電気が起きやすいのですが、夏でも関係なくドアのバチッの被害にあう人はいます。車のシートの材質が電気を発生しやすいものか、運転の仕方に問題があるのかもしれません。運転中に背中がよくこすれている・・・などですね。わたしは腰痛対策で、車のシートを直角にして運転するようになってから静電気がひどくなりました。シートと背中が密着する範囲が広がり、さらに腰が痛いので、よく動かすことから静電気が発生しやすい状況を自分で作っているのかもしれません。

あなたの運転姿勢も一度チェックしてみましょう!

車の静電気 体質は関係ある?

帯電体質、という言葉を聞いたことがあるかもしれません。稀に、USBフラッシュメモリやクレジットカードを触っただけでも、自分に帯電した静電気で壊してしまうといった体質の方がいらっしゃいますが、電気を帯びやすい体質、というのは実際にあるようです。困ったものですが、普通の人よりは静電気の被害にあい易いでしょうね。

そういった方でも、上記で紹介した対策で上手に静電気を逃がすことができれば、車を降りる時のバチバチは回避できます。指先から恐る恐るドアに触れるのが一番静電気の被害を受けやすいので、「手のひらから一気に触れる」を心掛けましょう。もちろん足を地面に付くのは触れた後ですよ^^

血液がドロドロの人は帯電になりやすいともいわれます。体質改善は明日、明後日にできるものではありませんし、相当な覚悟と努力が必要です。当然、電気を帯びやすい体質なんてメリットはありませんので、治していければ良いのですが、まずは、簡単にできる静電気対策から取っていきましょう。

また、乾燥肌はあまり関係ないかもしれません。肌の乾燥に関係なく衣類には帯電しますので、それが体を通ってドアに伝われば、静電気は流れます。

まとめ

車を降りる時の静電気、困ったものですね。

昔は、「車自体のアースを落とす」や「車のキーに静電気対策グッズを付ける」等の対策があったのですが、今では事情がかわり、そういった対策が有効ではなくなってきました。車のほとんどがキーレスですしね。便利になれば新しい問題が出てくるものです。

そこで、何も持たずに(キーレスでも)静電気を上手に流す方法と、静電気を発生しにくくする方法を紹介しました。

  1. 車を降りる時に、まず掌でドアに触れてから足を地面につける
  2. 衣類や車シートの帯電を防止する

車の静電気は冬の風物詩などと言われますが、静電気を帯びやすい体質の方には通年の問題です。わたしも帯電体質なのか、夏でも車を降りる時にバチっと来ていましたが、ドアに掌で触れてから外にでる対策をとったところ、見事に静電気の痛みを感じなくなりました。電気が流れてはいるけれど、手のひらから広範囲に流すので痛くないのですね。もっと早く実践すればよかったと思っています。

ちょっとした工夫で対策出来ますので、実践して憂鬱な静電気の傷みから解放されましょう!