コウモリ撃退 フン害

コウモリのふん対策 玄関ベランダからの撃退グッズと気になる病気

コウモリのふん、なんとかしたい
・玄関やベランダのフン害がひどい
・コウモリが寄り付かないようにしたい
・フンの処理の仕方は?

コウモリのフン害にお悩みですか?わたしの家にもよるやって来て、玄関で寝ているようで、朝フンだけが残っています。フンはどんな菌が付着しているかわからないため、処理方法もわからず、困りますよね。

コウモリのフン害を防ぐための「コウモリ撃退法」をお伝えします。

コウモリのふん対策:撃退グッズ

コウモリのふん対策には、コウモリを寄せ付けないことが一番です。ほとんどのコウモリは夜行性ですので夜活発に動きます。朝方になるとねぐらに戻っていきますが、羽休めの為にあなたの玄関先やベランダに止まっている時に糞尿を出しているのでしょう。

コウモリ撃退に一番効果があるのはコウモリの嫌がる超音波を出す機器です。コウモリの活動する時間帯になると始動するタイマー付きのものが良いでしょう。効果はあるのですが、超音波は人間にも聞こえる周波数を出しますので、特に若い人は耳が痛いという人が多いです。中年以降は聞こえない人も多いようです。

超音波機器は、設置の必要があることと、電源(電池やコンセント等)が必要になることがネックですが、即効性がありますので、すぐにでもコウモリを来ないようにしたい!というかたにおすすめです。

また、機器設置等の手間をかけたくない方は忌避剤(スプレータイプ)がおすすめです。ホームセンター等で売られています。コウモリが止まる場所がだいたいわかっていれば、その周辺にスプレーしておきます。スプレーの効果は長く持ちませんが、一時的にでもコウモリが来なくなれば、フンの処理にも困りませんね^^

ラベンダーなどのコウモリが嫌がるにおいのものを置く、という対策もあるようですが、我が家では効き目がありませんでした。もっと強い匂いのラベンダーがあればよかったのかもしれませんが、靴のにおい除去のラベンダーを置いたくらいでは、コウモリは逃げて行かないようです。

コウモリのフンから病気の可能性は?

コウモリのふんを掃除する時に気になるのが、病気ですよね。

特に小さいお子様やワンちゃんでもいれば、触ったり、口に入れたりしないか心配です。コウモリのふんにはどのような病気が隠れているのでしょうか?

実は日本でよくみられるコウモリのふんには感染症などの怖い病気は隠れていないようです。といっても安心はできません。雑菌は当然たくさんいますので。溜まったふんがカビていたりすれば、触ったり口にしたりすることで病気になります。取扱いに気を付けるに越したことはありませんね。

ふんの処理は、ほうきで集めて燃えるゴミで出せばよいでしょう。畑に捨てたり、側溝に流したりといった行為は当然やめましょう。

コウモリで怖いのはふんより、本体の方です。本体に触れるようなことは無いとは思いますが、追い払おうとして人間の方に向かって飛んでくることがあります。触れてしまった場合は、ダニや寄生虫などが移る場合が考えられますので、アルコール除菌しましょう。

さいごに

コウモリは害虫を食べてくれるため、追い払わずにそっとしておくお宅も多いようです。しかし、玄関先をフンで汚されてはさすがに対策しないわけにはいきません。

超音波で撃退することはでいるのですが、若い人の耳にも影響が出てしまいますので、できればスプレー等でコウモリ避けできると良いですね^^

人間を襲うようなことは無いコウモリですが、なかなか人間とも共生は難しいので、自宅に近づいてこないような工夫が必要です。屋根裏があるような家では、コウモリに入られてねぐらにされてしまうと、屋根裏がフンだらけ・・・という事にもなります。

早めの対策が肝要ですね!