バルミューダと比較して私がヘルシオグリエを買った決定的理由

バルとヘルどっちがいいの!?
・価格帯はほぼ同じ
・できることもほぼ同じ
・決定打が欲しい・・・

トースターが無い我が家のキッチンに専用トースターが欲しいと思っていました。前々からバルミューダのスチームオーブンがいいらしいと聞いていたので、ボーナスも入ったしヨシ買おう!と調べてみると、、、シャープのヘルシオグリエが対抗馬に。

バルミューダに決めていたのに、気持ちが揺らぎだし、結局ヘルシオグリエを購入に至ったいきさつ(決定的理由)をお伝えします。わたしが決めた理由は「味」でも「レシピの数」「電気代」などではなく・・・。

バルミューダをやめてヘルシオグリエを選んだ理由

ヘルシオグリエを選んだ理由を先に述べますと、「バルミューダは壊れたら買い替え」との情報を見たからです。バルミューダにしてもヘルシオグリエにしても水を使う製品、家電で水を使う製品は壊れやすいという印象があり、壊れることを想定して買った時に修理ができない製品では困るな、と思ったからです。

バルミューダにしても、ヘルシオグリエにしても、調べてみると過熱の工程や方式が違うだけでできることはあまり差がありませんでした。価格もうなるほどの差は無く、両者のデザインも甲乙つけがたいものでありました。味だけは事前に比べることができませんでしたが、それほど味覚に自信ない我が家ではトップレベルで重視するポイントではありません。

家族全員で使うものですから、それぞれがどんな使い方をするかわかりません。壊れた時の各社の対応が一番きになり、結局ヘルシオを選んだのでした。

そもそも、「トースターが欲しい!」から始まって、最終的にヘルシオグリエ購入に至った経緯は以下の通りです。


バルミューダのスチームオーブンの登場以降、にわかに「2万円もするトースター」が気になっていました。

休日の朝、パン食の多い我が家では、専用トースターが無く、ガスレンジのグリルでパンを焼いていましたが、ちょっと目を離すと焦げる!真っ黒なトーストを何度泣きながら食べたことでしょう。

そこで家族会議の結果、いよいよこれはもうバルミューダ先生にご登場いただこうということになり、意を決してネットで価格調査を始めました。もうバルミューダを買う気で、あとは「どこで買うか」だけでした。価格調査のため何気なく見ていた価格コムでバルミューダのスチームボイラー系の不具合のことと、シャープの出すヘルシオグリエという対抗馬の製品を知りました。

ここでバルミューダひと筋に傾いていた気持ちが揺らぎます。不具合報告が多数あり、修理ができない部品がある・・・これは買った後困るのでは?とバルミューダのトースターに対する不安な気持ちが湧いてしまったのです。ヘルシオグリエにも対応不可の故障は当然あるでしょう。しかしヘルシオグリエの方が後発のためか、不具合の報告があまり見られませんでした。

それからバルミューダとヘルシオグリエの比較の日々です。(と言っても数日後にはヘルシオグリエを買いましたが)やっぱり家電で不具合が多いというのは不安ですよね。

しかし、
不具合の多いと言われたバルミューダトースターですが、メーカーでの不具合対応は早いようで、バージョンアップして対策製品を出しているようです。さすが支持されている新鋭企業だと感じました。バルミューダのトースターを買われる場合は5年保証を付けておけば安心のようです。部品が壊れても直せない場合は保証で新品交換ですしね。製品の不具合に不安があれば、長期の保証は外せませんね。

トースターの焼き加減に関してはバルミューダトースターの方が上だとの評価も多数見たのですが、我が家のように惣菜を温め直すような使い方もするようであれば、ヘルシオグリエは超絶便利ですね。

ヘルシオグリエではノンフライ調理もできましたし、買ってきた惣菜の温め直しの機能は本当においしく温められました。これは画期的な機能です。

ホワイトとブラックは限定カラーです。

ウォーターオーブンレシピはトーストが最高

ヘルシオグリエでのトーストの出来には満足しています。フランスパンを買ってきて、トマトとチーズ&ハムなどを乗せ、軽くトーストするだけで、オーブンでこんがり焼いたような食感を楽しめます。朝からリッチな気分です。

スチームオーブン、ウォーターオーブンと言われる製品は、トースト以外に料理上手でいろんな調理ができますが、やはりトースト料理が最高ですね。こんなことなら早く買っていればよかった。

ちなみに、何も調べずにバルミューダを買っていても同じように満足したでしょう。

ヘルシオグリエを買ってからというもの、嫁さんがいろんな料理に使い倒してくれているのが一番うれしいです^^グラタン系はやはりオーブンレンジの方がおいしく感じましたが、揚げ物や目玉焼きなどはこれまでの調理法よりおいしいんじゃないの??と思ってしまうほどです。

きっと「ヘルシオグリエで調理してる」という満足感が、おいしさを倍増させているだけなんでしょうけど(笑 良い買い物をしました。

さいごに

長かった我が家のトースター選びも無事終わり、つかの間の祭りは終了しました。

平穏な生活に戻り、無事真っ黒こげでないトーストが食べられる幸せをかみしめているところです。日本の技術は本当にすごいですね。水蒸気で調理するなんてことを誰が考えたんでしょう。しかもこんなにおいしくできあがるなんて・・・。

そもそもトースターに20,000円以上出すことに、誰もが??でしょう。それをおいしさ、手軽さ、革新的技術で乗り越えてきたバルミューダとシャープの企業努力とアイデアには脱帽です。

日本に生まれてよかったなぁ~。