靴下選び方

メンズ靴下の選び方 色合わせの基本とオシャレでおすすめのお店

靴下選びって難しい
・服との色合わせがわからない
・柄もの靴下の上手なコーデは?
・おしゃれな靴下はどこで買える?

靴下の選び方って難しいですよね。人前で靴を脱いだ時に、変な組み合わせだと思われたくないな。このズボンにはこの色の靴下でいいのかな・・・。などと、悩んでいてもなかなか解決の糸口が見えないものです。

メンズの靴下選びの基本をお伝えするとともに、おしゃれな靴下が手に入るショップを紹介します。色合わせ(コーデ)の基本さえ押さえておけば、恥ずかしい思いをしなくて済みますよ^^ぜひお試しください。

メンズ靴下の選び方:色合わせの基本

靴下の選び方は色を基準に考えます。靴下を目立たせるのか、それとも目立たせないのかがまず最初のステップ。

靴下を目立たせる場合

靴下を服(特にパンツ)と対照的な色を持ってきて目立たせるには、差し色といって洋服全体のベースとなるカラー以外のハッキリする色を履きます。ただ、洋服のコーデ次第という面もありますので、奇抜な色をもってくると失敗します。

せっかく靴下を目立たせるコーデをしたのに、他の人から見たら「ファッションに興味のない人なのかしら?」と映ってしまいます。どういったコーデに対してどんな色が差し色になるのか勉強してからチャレンジしたいですね。

こちらのサイトを参考になさってください
【初心者必見】差し色の取り入れ方と注意点を指南します

靴下を目立たせない場合

靴下を目立たせず、全体のコーデに溶け込ませる選び方にも王道の考え方があります。

基本的にはパンツと同系色の色味の靴下を持ってくると随分目立たなくなりますね。このときに、靴の色味も考えてパンツから靴までの色の流れを同系統にまとめます。ビジネスでは一番多い色の考え方ですね。王道でハズレがありません。相手にも「清潔感があり、しっかりしている」印象を与えます。

また、ズボンでなくトップスに合わせるという方法も王道です。

シャツと同系色で同じような柄のものを選ぶと、全体が締まって一体感が出ます。このコーデで注意したいのが「洋服全体の色味を考えること」です。パンツに差し色を持ってきている場合、トップスと靴下を合わせた時に色のバランスが崩れることがあります。

トップスと同系の靴下を履くときは、洋服全体のベースとなる色味がちぐはぐにならないことに注意しましょう。この辺りは、ファッション雑誌が大変参考になりますね。雑誌はモデルさんや奇抜な色遣いにばかり目が行きますが、「こういうパンツやトップスにはこんな色の靴下が合うんだ」という目で見ると勉強になります。

靴下のコーデは靴まで考える

靴下を合わせる時には、洋服全体ももちろんですが、靴の色・デザインまで考慮しましょう。せっかく洋服に合う靴下が決まっても、最終的に靴の色味が合わなくて全体のコーデが台無しになることがあります。

靴の合わせ方も基本的に靴下と同じ考え方が使えます。差し色なのか、同系色なのか、パンツと合わせるのか、それともトップスや帽子と合わせるのか等々。ただ、靴は靴下以上にデザインのバリエーションが多く、靴下を履かない方が良いケースもありますので悩みどころですね。

色としては、基本の色の靴は持っておいた方が良いでしょう。基本的にカジュアルなコーデならスニーカーを合わせると思いますが、スニーカーも下記の4色は持っておきたいですね。

  • 春夏用の薄い(白系)スニーカー
  • 春夏用の濃い(黒系)スニーカー
  • 秋冬用の薄い(白系)スニーカー
  • 秋冬用の濃い(黒系)スニーカー

この組み合わせを持っていれば、基本的に合わない色はありません。この他にロングブーツやサンダルなどを適宜増やしていけば良いでしょう。

特に、困ったときは白ですね。白はなんにでも合う色です。

オシャレな靴下が手に入るおすすめのショップ

box408のメンズ館では、「スニーカーに合う靴下」「ハイソックス」「クルー丈ソックス」などカテゴリ分けがされており、靴下初心者でも選びやすくなっているところがポイントです。品数が少ないのが少し残念。デザインもオシャレですが割と王道のものが多い印象です。

UNDER WONDERは下着専門店のようですが、靴下の組み合わせセットがお得に手はいります。同じ丈の靴下を違うデザインで複数欲しい時には大変便利です。

デザインも、今の若者コーデにピッタリの組み合わせですので、ぜひ自分の目で確かめてください。靴下は2~3カ月で履きつぶしてしまうこともありますので、大量購入にはおすすめです。キャンペーン中ならば12足セットで3,000円台ですよ^^

TREND MARKETも靴下専門店ではありませんが、「主張しすぎないシンプルだけどオシャレな靴下」を多く取り扱っています。GUやユニクロのような新るデザインの靴下でもいいんだけど、友達や知らない人とかぶったらイヤだな、という方におすすめします。

全体の洋服コーデを考えると、シンプルなデザインの靴下は重宝しますよ!色合わせで悩む時間が少なくてすみますからね^^

まとめ

靴下の色合わせ・選び方は「色や柄で主張していくのか、それとも洋服に溶け込ませるのか」が一番最初に考えるポイントです。

どうしたら良いかわからない場合は、洋服全体の基本色(青ベースや茶ベース)などに溶け込ませるよう、同系色でまとめると違和感なく靴下を選べるでしょう。靴を脱いだ時に、靴下の色だけ際立ってしまわないように選びたいですね。

靴下をパンツに合わせるのか、それともトップスに合わせるのかも重要ですが、靴の色との相性もお忘れなく!

差し色として反対色などを持ってくるテクニックもありますので、ファッション雑誌等で流行や王道をチェックしてみましょう。