洗濯物生乾きのにおいの消臭方法 臭くなる原因と予防法

もうイヤッ!
・洗濯物の生乾き臭
・すぐ脱臭する方法は?
・どうしてこんな臭いがするの?

梅雨の洗濯物。部屋干しするとなかなか乾かなくて、「あの」イヤ~な臭いがします。ただでさえ雨降りで憂鬱なのに、あの臭いのダメージは響きますよね。今日は洗濯物に付いてしまった生乾き臭の脱臭方法と、臭いの原因、そして生乾きを防ぐ洗濯物の干し方を紹介します。

洋服やタオルは直接肌に触れるもの。いつも清潔感あるものを使いたいですね^^ 

洗濯物生乾きの消臭方法

気を付けていても生乾きになり、嫌な臭いを発する洗濯物。明日着たいのに、この臭いじゃ・・・・(T_T)となったときの応急処置をまとめました。

煮洗い

洗濯物を熱湯で煮ることで、臭いの原因となる雑菌を滅します。雑菌は60度で死ぬものもいれば、120度でも死なないものもいて、死滅温度は様々と言われていますが、この煮洗いは非常に効果があり、病院等の清潔感が求められている職場でもよく使われる方法です。

この煮洗いの注意点その1は「衣類の色落ち」があるかもしれないということ。高温で煮沸消毒しますので、色落ちを考慮して、違う色の衣類を一緒に煮洗いしないことがポイントです。

注意点その2は、何度も高温で煮洗いすると、生地が傷むことです。大切な洋服ならば、煮洗いは、ここぞという時の最終手段にしたいですね。

酸素系漂白剤

酸素系漂白剤も効果が見込めるという記述が多く、実際に臭いが取れたという書き込みも多いため、除菌効果は高そうですね。ただ、「50℃以上のお湯に1~2時間漬け置きし、その後洗濯し直す」という手間がかかります。時間の無い方には不向き。

また液体の酸素系漂白剤より粉のタイプの方が効果が高いとされています。根拠は不明ですが、液体タイプを買ってみて”思ったより臭いが取れない・・・”となるよりは、最初から粉タイプを試した方がよさそうです。

部屋干し専用洗剤

部屋干し用途専用の洗剤も発売されています。部屋干し用洗剤の代表格:LIONの「部屋干しトップ」も口コミ評判が良く、実によく選ばれている商品なんですね。部屋干しの嫌な臭いをターゲットに開発された製品ですので、効果は折り紙付きです^^

部屋干し洗剤には上記の酸素系漂白剤が含まれていることが多いですね。

生乾きの嫌な臭いの原因は?

 生乾きの嫌な臭いの主な原因は、「雑菌の繁殖」 です。雑菌は生活の中で、どこにでも生息するものですが、梅雨の湿気と、洗濯物に付いた皮脂等の汚れをエサに爆発的に増殖します。増殖条件が揃っているんですね。

”臭いがするほど雑菌が付いている”と考えると、相当気持ち悪いです。一度、雑菌が繁殖してしまうと、通常の洗濯では死滅にしくく、生乾きするとまた臭いが復活してきます。普段からの洗濯方法にも気を使いたいですね。

Youtubeに「台ふきんの雑菌がみるみる増殖していく様子」がUPされていますので、興味のある方はご覧になってください。このショッキングな動画を見ると、「目に見えないからこそ、雑菌対策しよう!」という気持ちになりますよ^^;

洗濯物の雑菌を繁殖させないためには

生乾きで雑菌を繁殖させないために、注意するポイントを紹介します。

  • 洗濯物を溜めない
  • 部屋干し用洗剤を使う
  • すすぎにお風呂の残り湯を使わない
  • 風を当て、早く乾かす
  • 乾燥機にかける
  • アルコールで除菌してから干す
  • 洗濯機を除菌する

雑菌を繁殖させないために、上記ポイントを組み合わせて洗濯することが効果的です。雑菌の付着は防ぎようがありませんので、 雑菌が増殖する隙を与えずに洗濯物を乾燥させる ことが、生乾きの嫌な臭いを発生させないコツです。

まとめ

梅雨は洗濯物をなかなか外に干せず、部屋干しすることが多いですよね。部屋干しすると発生するあの「生乾き」の嫌な臭い。生乾き臭は雑菌の増殖が原因ですので、「煮洗い」や「専用洗剤」等で滅菌する方法を紹介しました。

また、生乾きにならない(雑菌を増殖させない)知恵も必要です。雑菌が増えやすい条件を排除し、いち早く乾燥させることで、生乾きから解放されましょう!

私もそうですが、生乾きの臭いがすると、ファブリーズ系の消臭スプレーを使ってしまいがちです。たしかに消臭スプレーには除菌効果を謳うものが多く、たくさんスプレーすれば、生乾き臭が取れたような気になります。しかし、実際に雑菌を死滅させているわけではなく、スプレー自体の匂いで生乾き臭を押し留めている印象です。劇的に改善することは無いんですよね。

生活の知恵を少しずつ共有しながら、清潔で快適な毎日を送りたいものです。