洗濯物生乾きのにおいの原因は?予防方法の実践で嫌な臭いを防止

洗濯物の生乾き
・臭いの原因は何?
・生乾きにならない方法は?

梅雨期に入り、洗濯物を部屋干しすると漂う”あの”臭い。室内は日光が届きにくく、風通しが悪いため、洗濯物が生乾きになることで嫌な臭いを発します。

衣類やタオル、普段使うものから異臭がすると、気が滅入りますよね。本記事では、臭いの原因と、嫌な臭いを発生させない為の対策を紹介します。

洗濯物生乾きの臭いの原因

洗濯物が生乾きになったときの嫌な臭い。 主な原因は増殖した雑菌 です。

適度な湿気と温度、そして洗濯物に付いた皮脂等の汚れをエサに、雑菌が爆発的に増え、あの臭いが発生します。雑菌は目に見えない微生物ですが、臭いが漂ってくるほど洗濯物に付着した状態は異常ですし、気持ちが悪いですよね。

雑菌は少なからず洗濯物に付着しているものですが、生乾きの臭いから解放されるには、これらの雑菌を増やさない方法を知ることが大切です。

以下に雑菌対策を記載しますので、実践してみてください。

洗濯物生乾きの予防方法

洗濯物を溜めない

洗濯物に付いた汚れ(食べカスや皮脂等の脂汚れ)は雑菌にとってエサになります。この汚れがついたまま洗濯物を溜めてしまうことは、雑菌の巣を作っているようなもの。面倒でも洗濯は毎日することを心掛け、雑菌の繁殖を最小限に抑えましょう。

部屋干し用洗剤を使う

最近では、「部屋干しトップ(粉末タイプ):LION」のように、部屋干し専用洗剤も発売されています。ユーザーの口コミ評価も高く、一定の効果は見込めるようです。すべての雑菌を死滅できるわけではありませんが、生乾きの嫌な臭いを対策できる製品として開発されていますので、梅雨時だけでもこの洗剤に変えてみる価値はありそうです。

洗剤は粉末タイプの方が除菌効果が高いという記述も見かけますが、粉末洗剤は溶けずに洗濯機に残って嫌!という方向けに「液状の部屋干しトップ」もあります。状況に応じて使い分けたいですね。

すすぎにお風呂の残り湯を使わない

水道代節約の為に、すすぎの水にお風呂の残り湯を使っている場合も多いと思います。我が家もそうです。風呂の残り湯は雑菌の繁殖しやすい温度ですので、目に見えなくても、雑菌のパラダイスだと思ってください。

とくに、風呂のお湯を「もったいないから」と2日間連続で使っているような場合には、体の害になるレジオネラ菌等の繁殖も考えられますので、洗濯物だけの問題ではなくなってきます。お風呂のお湯の雑菌が衣類に付き、それが生乾きで爆発的に増殖する・・・こういったケースはすごく多いようです。

最後のすすぎには、やはり水道水を使いましょう!

風を当て、早く乾かす

雑菌に繁殖の隙を与えないことも、生乾きの臭いを防ぐ対策の一つです。部屋干しの場合、洗濯物に扇風機等で風を当て、乾燥を早めることで、雑菌の繁殖を抑えることができます。生乾きの状態をいかに短くするかがポイントです。

薪ストーブのあるようなお宅では、梅雨の時期に湿気対策でストーブを焚くこともあるそうです。薪ストーブは部屋干しの洗濯物をよく乾かしてくれますので、乾燥機要らずですね。

乾燥機にかける

最近の洗濯機は、乾燥機付きのものが増えてきました。ドラム式と縦型の洗濯機で乾燥方式が違うようですが、乾燥は電気代が高い印象です。乾燥方式にもよりますが、1回の乾燥で20円~60円の電気代がかかるようです。選択の回数が多い場合、毎回乾燥機能を使っていると月に3,000円以上。洗濯だけにそんなに電気代をかけられませんよね。

しかし、洗濯物をすばやく乾燥させることは、雑菌の繁殖を抑えることに高い効果を発揮します。都度の乾燥は洗濯物を傷めますし、電気代もかさみますので、緊急の洗濯物のみ乾燥機能を利用して、残りは他の対策方法で乗り切りましょう。

アルコールで除菌してから干す

除菌用のアルコールスプレーをかけて干すと、殺菌効果があり、生乾き臭を抑えることができます。アルコール自体の匂いは乾燥後消えます。消毒用のアルコールを常備しているようなら一度試してみてください。スプレーする手間はありますが、効果大です。

洗濯機を除菌する

洗濯機はほぼ毎日使うものですから、衣類の汚れの他、ホコリやカビ等が付着し、思っている以上に不潔です。雑菌がもともと付いている状態です。洗濯槽の清掃はなかなか思い立ちませんが、3カ月に1度くらいのペースで清掃したいですね。

清掃には洗濯槽専用洗剤を使います。1度ではカビ臭さが落ちない場合は、毎月清掃することで、臭いも消えてくるようです。我が家のドラム式洗濯機も、1年使ったころからカビ臭かったところ、洗濯槽洗剤での清掃を3回ほどしましたら、臭いが消えてきました。カビ臭さが洗濯物に付く、ということはありませんが、気持ち悪いものですよね。洗濯機はいつも清潔にしたいものです。

まとめ

生乾きの嫌な臭いの主な原因は増殖した雑菌です。

雑菌を付けないことは難しく、あまり潔癖でも生活しにくくなりますので、雑菌が増殖する条件をできるだけ少なくして洗濯物を干すことが、生乾き臭を発生させないコツになります。

生乾きで臭くなってしまった洗濯物を、また洗い直すのは、ひと手間もふた手間もかかります。生乾きで匂いが発生しにくい洗濯物の扱い方を覚えて、梅雨期でも快適な洗濯ライフを送りましょう!

手ごろな対策としては、「部屋干し専用洗剤を使う」「扇風機で風を当てて干す」あたりでしょうか。雑菌に増殖する隙を与えず、臭いの悩みから解放されましょう!

あなたにおすすめの記事はこちら
➡「洗濯物生乾きのにおいの消臭方法 臭くなる原因と予防法