ドラム式洗濯機が臭い!排水口?洗濯槽?原因別のにおいの取り方

洗濯機が臭い
・臭いの原因は何?
・洗濯物への臭い移りが心配
・脱臭方法はあるの?

最近、ドラム式洗濯機からカビのような下水のような臭いがする。臭いの原因を突き止めて、洗濯機の脱臭&洗浄を行いましょう!洗濯機~その周辺の臭い対策を紹介します。

ドラム式洗濯機からの悪臭、原因は?

ドラム式に関わらず、洗濯機の臭いの原因となる箇所は主に2つ。「洗濯槽」と「排水口」です。それぞれの原因を探ってみましょう。

洗濯槽が臭う場合

洗濯機がカビ臭い場合、 洗濯槽内のカビが原因です 。水を扱いますし、日の当たらないスペースに洗濯機が配置されている場合も多く、カビが発生しやすい環境です。

カビの臭いが衣類に付かないか心配ですよね。

洗濯槽の洗浄はいくつか方法がありますので、下記の対策項目を実践してみましょう。

ドラム式洗濯機は、バランス取り用の液体が入っており、手で回すと「ピチャピチャ」と水の音がしますが、これは正常です。適切な排水が出来ていれば、洗濯水が残っている可能性は低いです。

排水口が臭う場合

洗濯機から下水の臭いがする場合は、排水口周辺に異常が起こっているケースが考えられます。洗濯機の排水ホースが排水口とサイズが合わず、隙間がある場合や、下水の臭気が上がってこない仕組み(トラップ)が壊れている場合等。

排水口は洗濯機をどかさないと確認できない場合も多く、なかなか一人では対策しにくい場所です。専門業者に修理依頼するのは、最終手段として、まずは下記に上げる「自分で出来る処置」をしてみて、症状が改善されないようなら業者に相談しましょう。

水回りのトラブルは原因が多岐にわたりますので、問題の切り分けが早期解決のポイントです。

ドラム式洗濯機、洗濯槽の洗浄方法

洗濯槽のカビ臭さを取る方法はいくつかあります。プロの業者にお願いすると、”ドラムを外して高圧洗浄”といった大掛かりな仕事になることもあり、金額も高くつきます。手軽に自分でできる対策から実践してみましょう。

洗濯槽用洗剤を使う

洗たく槽カビキラー」のような洗濯槽の除菌専用の洗剤を使ってみましょう。洗濯槽の洗剤には塩素系と酸素系があり、カビキラーのような酸素系の洗剤は洗剤の匂いが残りにくいため、よく使われています。

洗濯槽用の洗剤は、1度の使用で臭いが完全に消えることは稀で、数回の使用が必要になることが多いです。我が家の洗濯機も4回ほど使ってやっと臭いが消えてきました。回数はかかりましたが、効果は確認できました。

洗濯機のクリーニング機能を使う

洗濯機の機種によっては「クリーニング機能」が備わっているものもあります。毎回洗濯後に自動でクリーニングしてくれる設定もできますし、手動で気が付いた時にクリーニングもできます。

ただ、洗濯機のクリーニング機能は自動とはいえ時間がかかります。電気代が気になるところですが、カビ臭さが発生してからクリーニングしても臭いは取れにくくなります。毎回の洗濯後とはいかなくても定期的に(1週間に1回程度)はクリーニング機能を使いたいところですね。

クリーニング機能は洗濯機メーカー様々な機能がありますが、我が家のpanasonic製の洗濯機は「ナノイー」機能がありますので、花粉症対策にも有効のようです。ナノイーは花粉を無力化する効果があるということで、花粉症ファミリーの我が家にぴったりの洗濯機だと思い、選びました。

今の洗濯機は、色々なことが考えられているんですね。

洗濯機の排水口からの悪臭対策

まずは、洗濯機の排水口の排水トラップを確認しましょう
排水トラップとは、下記の画像のような接続口で、臭気が上がってこない仕組みになっています。

トラップが無い場合

排水トラップが無く、排水口にホースがただ刺さっているだけの場合は、当然下水の臭気が上がってきます。

トラップを後から増設することも可能なようですが、まずは、排水口を専用洗剤で洗浄をしてみましょう。ヌメリや髪くず・糸くずをしっかり取り除くことで、臭いの原因を取り除きます。

洗浄時はお湯を使うと汚れが落ちやすいそうです。排水口の洗浄も洗濯槽同様、1度では臭いが落ちないかもしれません。ヌメリや糸くず等がヘドロ状にこびり付き、なかなか取れないからです。

洗濯機には「排水フィルター」のような糸くず・髪くずを引っ掛けるフィルターが付いていますので、よく確認して適宜掃除しましょう。

トラップがある場合

排水トラップが設置されているにも関わらず、下水の臭いが上がってくる場合は、トラップの故障か排水口の詰まりが原因かもしれません。最近、脱水の排水が悪くなっていたりしませんか?

排水口内の詰まりは、薬品を使って溶かす・ポンプで押し出す/吸引する、と言った方法があります。それぞれ市販品がありますので、ご自身でチャレンジしてみることは可能です。業者さんに頼むと薬品&洗浄で1万円オーバーのお仕事。節約の為に「まずは自分で」と考えてしまいます。

しかし、水回りのトラブルは原因が様々で、下水の臭いの原因が「本当に排水口の詰まり」なのか判断が付きません。洗濯機の移動の手間もありますので、一度業者見積もりをもらってから、セルフと業者どちらが本当にお得か考えてみましょう。

まとめ

洗濯機のカビ臭さ・下水臭さは、臭いがしてくるまで対策をしないことが多いですよね。水回りは、なかなかプロでないと補修は難しくなりますので、日頃のお手入れで、リスク回避したいところです。

洗濯槽のカビ臭さには、酸素系の専用洗剤&クリーニング機能で、日常的にカビ対策をしましょう。洗濯後に洗濯機のドアを開けておくだけでも、風が入りカビの発生を抑えられるそうですよ^^

また、排水口からの悪臭は、ご自身で対策される場合、原因の切り分けが難しいですが、まずは排水口の洗浄から。排水が悪いようならば、排水口の詰まりも考えられますので、無理せずに業者にご相談ください。

洗濯機の寿命は8年ほどと言われています。生活必需品の洗濯機、適切なメンテナンスで毎日元気に動いてほしいですね。