1歳児歯磨きを嫌がる時のやり方は?適正な回数は?歯磨き粉は必要?

歯磨き大嫌いな子どもに
・どうしたら口を開けてくれるの?
・暴れないで磨けるコツはあるの?
・押さえつけて磨いてもいいのかな

歯磨きを嫌がり、泣いて暴れる我が子に手を焼いていませんか?子どもを押さえつけてでも歯磨きをした方が良い、とは言われますが、子どもがかわいそうでトラウマにならないか心配。毎回泣かせるのもなんだか気が滅入る・・・。そんなあなたに試してほしい、子どもを上手にあやしながら歯磨きをする方法をまとめました。

歯磨き粉の使用についてや、1日の歯磨き回数もあわせて参考になさってください。

歯磨きを嫌がる1歳児のあやし方

嫌がる子どもに、上手に口を開けてもらうには、どんな方法があるのでしょう?歯磨きは、泣きじゃくる子どもを押さえつけて、パパ・ママ2人がかりでの大仕事。色々な方法が挙げられていますが、子どもの嫌なポイントも様々ですので、ひとつずつチャレンジしてみてください。

歯磨き時の姿勢を変えてみる

歯磨き時の姿勢は一般的には、子どもを親の膝の上等に寝かせてのスタイル(寝かせ磨き)が多いようです。この姿勢を怖がっていることも考えられます。上向きで口の中を覗き込まれるわけですから、圧迫感と緊張感で怖さを感じているのかもしれません。大人のあなたでも歯医者さんの診察台は怖いですよね?同じようにお子さんもドキドキしているのかもしれません。

歯磨き時の姿勢は、こちらのサイトが参考になります。
子どもの歯磨き」:日本小児歯科学会

親も一緒に歯磨きする

子どもは、親のマネをしたがるものです。親が歯磨きをする姿を見せて、真似させるというのも、歯ブラシ・歯磨きへの抵抗感を減らす工夫のひとつです。

このとき、あなたが楽しそうに(若干大げさに)ブラッシングを見せることで、「歯磨きは楽しい!」と子どもに思わせることができれば、子どもも進んで歯ブラシを持つようになります。我が家では、子どもが歯ブラシを口に入れて自分でゴシゴシするようになりました。

子どものうちに、歯磨きをするという習慣づけは大切ですので、隅々まで磨けなくても、まずは歯ブラシを持たせて歯磨きの真似をさせてみましょう。

好きなものを見せながら歯磨きする

子どもの好きなものを見せ、注意をそらす方法です。

我が家では非常に効果的でした。具体的には、子どもの好きな絵本や、動画を見せながら歯磨きすると、これまで暴れていたのが嘘のように口を開けておとなしくしてくれました。スマホやタブレットで動画を見せることに抵抗感がある親御さんも多いようですが、文明の利器はこういう時にこそ使うべきです。

長時間見せるわけではありませんが、スマホ動画はくせになります。しっかり親が管理し、子どもが見たがっても、今度はスマホ以外のことで気を引かなければなりません。子どもの前でスマホ・タブレットの電源の入れ方を見せないのが上手に利用するポイントです。(我が家はここに失敗しましたので、子どもが自由に電源を入切りしております、トホホ)

恐怖感をあおる

むやみに怖がらせる必要はありませんが、1歳も後半を迎えるころには、ある程度言葉を理解するようになるお子さんも居ます。そういった場合は、「歯磨きをしないとお口の中がバイキンでいっぱいだよ~、あとで痛い痛いになるよ~」などと、多少恐怖感をあおって効果があったご家庭もあるようです。

その時に有効なのが、虫歯予防の動画です。YOUTUBEにはお子さん向けの虫歯予防動画がいくつもありますので、一緒に見て、虫歯の怖さを伝えてみてください。「虫歯は怖い」と認識することで、自分から歯磨きするようにお膳立てしてあげます。

うちの場合は、坊やがルンバ(掃除機)が怖いので、あーんしないとルンバが来るよ~というと口を開けてくれます。恐怖感をあおることに若干心苦しい気持ちもありますが、虫歯になっても悲しいですしね。

とにかく褒める

泣いて暴れるお子さんにイライラしてしまい、乱暴に扱ってしまいがちですが、ここはグッと堪えてお子さんを褒めます。歯磨き中も褒め、歯磨きが終わったときは特に褒めてあげてください。

子どもは親の感情に敏感です。イライラがお子さんに伝わり「歯磨きの時のお母さんは怖い」とインプットされてしまうと、なかなか口をあけてくれません。上記のような色々な方法を試しているうちに、不意に泣かずに上手に歯磨きできる瞬間がありますので、そのときに思い切り褒めて、「歯磨きは嬉しいもの」と思い込ませたいですね^^

短時間でサッと終わらせる

1本ずつ丁寧に磨けるのがベストですが、大切なのは歯磨きの習慣づけですので、なるべく短時間でサッと歯磨きを終わらせましょう。

1歳児はまだ、自分の意志で口を長時間あけることに慣れていませんし、歯ブラシの異物感を我慢できません。素早く仕上げ磨きを済ませることで、お子さんの不快感を長引かせないことが大切です。これには、親の慣れも必要ですね。焦るあまり、力が入ってしまうとお子さんも痛がりますし、歯ぐきから血が出てしまうこともありますので、力の入れ具合も重要です。

1歳児の歯磨き回数は?

1歳時の歯磨きの目的は「歯ブラシに慣れ、歯磨きを習慣づけること」ですので、最初は1日1回の歯磨きで十分と言われています。

子どもの機嫌が良いときに歯磨きをして慣れていくと良いのですが、夜寝る前の歯磨きは励行しましょう。寝ている間は唾液の分泌が減りますので虫歯になりやすいためです。

慣れてきたら毎食後に歯磨きしたいですね。

1歳児に歯磨き粉は必要?

子ども用の歯磨き粉も市販されていますが、1歳児にはまだ歯磨き粉は必要ない、という歯医者さんが多いようです。我が家のかかりつけ医も「幼児にはまだ歯磨き粉は必要ないですよ~唾液だけで十分ですよ」と教えてくれました。

とくに、大人用の歯磨き粉をお子さんに使ってしまうのはNG。歯磨き粉の使いまわしは、親の虫歯の伝染や、口周りの病気を移してしまう可能性もあります。また、歯磨き粉に含まれる成分が子どもに良くない場合もあるようですので、 1歳児に歯磨き粉は必要なし と意識しましょう!

まだ「うがい」が上手にできませんので、歯磨き粉を飲み込んでしまいますからね。

まとめ

子どもの歯磨きは、いかに素直に口を開けてもらうかがスムーズに行うカギになります。

子どもによって嫌がる歯磨きのポイントは違いますので、姿勢・ブラッシングの強さにも気を付けながら、子ども注意をそらす工夫をしてみましょう。我が家で効果があったのは「好きな絵本や動画で注意をそらす方法」と「できるだけ手早く歯磨きを済ませる」方法でした。

泣いて暴れる子どもを、無理やり押さえつけて歯磨きをすることも、やむを得ない場合もありますが、何がキッカケで素直に歯磨きできるようになるかわかりませんので、諦めずに色々試してみてください。

また、1歳児には子ども用歯磨き粉は必要なく、歯磨き回数も夜寝る前の1回でも問題ないとされています。

お口周りの清潔感はエチケットでもあります。小さいころの習慣は一生を左右しますので、お子さんが食後に進んで歯磨きができるようになるまで、根気よく付き合ってあげたいですね^^