梅雨にひどくなる腰痛の予防と、痛みが出た時の緩和方法

梅雨の長雨で痛む腰
・梅雨に腰痛がひどいのはなぜ?
・腰痛を緩和する方法はないの?

雨降りでひどくなる腰痛、梅雨期は本当に憂鬱ですよね。あなたの気持ちも雨模様です。梅雨と腰痛の関係と痛みの予防、そして痛みが出てしまった時の緩和方法をまとめました。腰痛にならない体づくりと痛み緩和への知識が、梅雨を快適に乗り切るヒントになります。

梅雨の腰痛、原因は?

梅雨に腰痛がひどくなる原因は 「湿度や気圧の変化」 と言われています。冬に気温が下がると足腰が痛む方が多いですが、気温の変化とはまた違った要因で痛みが出ているんですね。

気候の変化により血行が悪くなり腰痛を引き起こすそうです。人間は気候相手には成すすべがありません。梅雨が始まってしまえばジタバタしても仕方ありませんので、腰痛の事前予防と痛みが出た時の緩和方法を知っておくことの方が大切です。

梅雨の腰痛、緩和方法

腰は字のごとく、人体の要(かなめ)ですから、負担がかかりやすく疲労がたまりやすい部位です。気を付けていても気候の変化にはかないません。痛みは我慢せず、どんな方法があなたの腰痛に効果的か色々試してください。

冷やさない

痛みが出たら、まずは患部を冷やさないこと(血行が悪くなり、さらに痛みが増す恐れがあります)。腰痛は患部が炎症を起こしている状態ですので、直接温めると炎症が加速し、一時的に痛みが増すこともあるようですので、腰から遠いところを温めると効果的。とくに夏でも足が冷たい人は、足の裏を温めてみてください。

同じ姿勢を取らない

姿勢を変えることは特に大事で、座り仕事にしても立ち仕事にしても、”どちらか一方”という状態は体に悪く、たまに動いて固まった筋肉をほぐしてあげる必要があります。なかなか自由に動ける仕事ではない場合も、30分に1回、屈伸や伸びをするだけでも筋肉は動きますので、実践してみてください。上記2つを実践するだけで痛みの緩和につながることも多いんですよ^^

長時間同じ姿勢で作業をしなければならない場合(デスクワークや運転など)は円座クッションを使って、体重が1点に集中しないよう荷重を分散させると痛みがやわらぎます。私は運転時の円座クッションは欠かせません。個人的にはかなり効果があると感じています。

腰痛ベルトを使う

腰痛ベルト(コルセット)は、若い方は特に嫌いますが、カッコ悪くても試してみてください。腰をキュッと締め付けるのは快感ですし、ガッチリ固定していると不思議な安心感があります。私は20代の頃から腰痛ベルトをしていますが、痛いよりよっぽどいいと思います。

わたしの場合、腰痛ベルトをするのとしないのでは、痛み方が確実に違いますので、腰痛ベルトは腰の負担を軽減する効果があると思っています。


痛みが長引くようならば素直に接骨院等に通いましょう。わたしも腰の痛みで接骨院にはお世話になっていますが、最近の治療はすごく進んでいます。ウォーターベッドでのマッサージや、最新の電気治療を取り入れている接骨院の治療は、痛みが本当に和らぎ、何度救われたことか。接骨院(病院)は通わないといけないので敬遠する方も多いのですが、治療で痛みが和らいだ時に「もっと早く治療を受ければよかった」と思うはずです。

自分でできる腰痛対策

「腰痛予防は腹筋を鍛えること」

これは昔からよく言われたことですが、必ずしも正しいケースだけではないようです。すでにひどい腰痛がある場合の腹筋運動は痛みを激化するだけでなく、腰痛に関係のない筋肉をつけてしまうことにもなり、体質改善が難しくなるとも聞きます。わたしと同じように「すべり症」などをお持ちの方は、腹筋運動は避けた方がよいかもしれませんね。腰というより腰椎の病気ですので、対処法が異なります。

腰痛持ちの方が気を付けるべきは、 筋肉を固まらせないこと 。無理に筋肉をつけようとせず、筋肉を柔らかくするイメージです。

筋肉は動かさないと委縮して硬くなってしまいますので、腰にしても足にしても筋肉を動かすことが大切です。一昔前までは、ゆっくりストレッチすることが効果的とされていましたが、近年は、細かく体を動かすストレッチが筋力アップや筋肉をほぐす効果があることがわかっています。

ラジオ体操を素早く行うイメージです

姿勢ももちろん大切ですが、腰に負担をかけすぎないように、必要以上に体重を増やさない食生活も大切です。

腰痛についてのまとめ

梅雨のように、気候の変化によってひどくなる腰痛。

腰痛は腰回りの筋肉が固まって、血行が悪くなることで痛みがひどくなります。「雨が降るといつもより痛いな~」とガマンせずに、効果があるとされている痛みの緩和方法を試してみましょう。

わたしのおすすめは「腰痛ベルト+温める」です。冷え性の方は夏でも末端が冷たいですからね。足の裏をあたためてみましょう。

腰痛予防には腹筋は不可欠ですが、我流の腹筋で、腰痛に効き目の無い筋肉をつけてしまわないよう、お医者さんのアドバイスの元、質の良い筋肉をつけていきたいですね。

長時間同じ姿勢での作業は、筋肉を委縮させ痛みが増しますので、適度に動いて筋肉を使う・ほぐすよう心がけましょう。