七夕飾り

七夕短冊に願い事を書く由縁と笹の葉を使う理由お祭りの意味と歴史

七夕の短冊
・願い事を書く理由
・笹の葉に飾るのはなぜ?
・いつから始まったの?

毎年何気なく祝っている七夕祭り。願い事を書いた短冊が笹の葉に飾られている光景を全国各地で見ますよね^^この「笹の葉に願い事を飾る」という習慣はいつから始まったもので、どういった由来があるのかについてまとめました。

行事・習慣の意味を知って、ぜひお子様にも教えてあげてくださいね。 

七夕の日に短冊に願い事を書く理由

七夕といえば「織姫と彦星が1年に一度だけ会える日」です。この日に願い事を願うようになったのはなぜでしょう?

もともと織姫と彦星のお話は中国の物語です。機織りの上手だった織姫にあやかって、裁縫の上手になるように祈念したことから願いを込めるようになったという説がありますが、現代では願いは何でもありになっています。

物語が日本風にアレンジされ、誰もが親しみやすいように願い事の中身も変わってきたんですね。機織りという一部の人のみの願いよりは、万人が親しめるように「なんでもかんでも願っちゃう」というのは日本人の得意とするところです。神社にある絵馬がそうですしね^^

習字や裁縫、料理などの習い事の上達を祈念して短冊に書くことが始まりでしたが、恋人がほしい!や宝くじがあたりますように!などの七夕とは無関係の願いを見る機会も増えましたね。

短冊に書いて笹の葉に飾る理由

願い事を短冊に書いて笹の葉に飾るのは、日本だけの風習となっています。

短冊は歌(現代でいうところの詩)を書くためのノートのようなものでした。字の練習として、また、「字が上手くなるように」という思いを込めて短冊に書き飾っていたのが習慣化したのです。

短冊の色にも意味があったようですが、現代では見た目がカラフルでキレイなことで、様々な色の短冊型の色紙が使われており、当初の意味は失われています。

また、笹の葉に短冊(色紙)に書いた願いを飾り付ける理由は、元来笹は神事に使われる植物で神聖なものとして扱われてきました。昔話の竹取物語で、かぐや姫が竹に宿っていたことからも、特別な木であったことが想像できますね。

七夕祭りの歴史と意味

七夕の発祥は中国の物語と書きましたが、日本ではいつからの風習なのでしょうか?

これには諸説あり、詳しいことはわかっていません。中国の物語と日本の神事、そして織姫・彦星のおとぎ話などが合わさって、年に一度祝われるようになったという説が有力です。

お祭りとしては仙台の七夕祭りが非常に有名で、こちらは伊達政宗公の時代=江戸時代=からの行事として親しまれてきました。その時代にすでに七夕を祝う風習があったということですね。もちろん、現代の祝い方とはだいぶ違っていたはずですが、300年以上前から行われている行事なのですね。

仙台の七夕祭りは、世界大戦や不景気に伴い下火になったものの、昭和に入って大きく復活し、今に至ります。短冊に笹の葉という簡素なものではなく、「七つ飾り」という独特な飾りで、街全体が彩られます。

仙台七夕まつり

まとめ

以上、七夕に関する不思議を紹介しましたがいかがでしたか?

七月七日になんとなく祝っていた七夕も、長い歴史と、願い事の意味があることがわかりましたね。

  • 七夕の由来は中国の物語や日本の神事が合わさったもの
  • 願い事をする理由は機織り上手の織姫にあやかって(諸説あり)
  • 短冊は和歌を詠む時に使われてきた時代背景がある
  • 笹の葉は神聖なものであることから使われてきた

昔から続く行事の歴史を紐解くと、なかなか興味深いことがわかります。日本の風習や習慣は海外、特に中国からはいってきたものが多いようですね。それが日本独自の文化となり、そして意味や祝われ方も変わって現代に続いているということです。

私たちの生活の中でも、意味は忘れられてしまったけれど、家族が集まって一緒に行える行事はほかにもたくさんあります。本来の意味が無くとも、家族や地域が一つになる瞬間があるというのは、うれしいことですね。

あなたにおすすめの記事はこちら
➡「そうめんは七夕の行事食?夏バテ対策に食べるとしたらどんなアレンジ?