うちわ

うちわの自作!キットやネットサービスの紹介。コンサートや花火大会用に

オリジナルうちわが欲しい!
・コンサート用に
・花火大会用に
・スポーツ観戦用に

夏の風物詩:うちわ。風を送るだけでなく、コンサートや花火大会などで大活躍ですね^^販促用にどこでももらえるうちわですが、オリジナルうちわが欲しいと考えているあなたに、うちわの自作キットを紹介します。

人と違ううちわで目立っちゃいましょう!! 

手作りうちわキット

オリジナルうちわは、厚紙だけで作ることもできますが、コンサートなどでガンガン使うには、やはり柄のついたちゃんとしたうちわのほうが安心です。自宅でカンタンにできるうちわキットを紹介します。

スタンダードうちわ

台紙がシールになっており、手書きやプリントしたものを骨に張り付けるだけの簡単うちわです。1本から注文できますので非常に安上がり♪プリンターもご家庭のものが使えますので、このキットひとつでオリジナルうちわが完成します。サイズが2種類(レギュラー、コンパクト)から選べますので、お子様用のうちわも作れますよ^^

目立つ!ラメ入りうちわ

こちらは、ラメ入りのキラキラうちわ。学園祭やコンサート会場で目立つこと間違いなし!台紙はすでに貼られている商品ですので、あとは自分の好きなようにデコるだけ!


デコレーション用のマークシールや文字シールも色々選べますよ^^

ネット上で簡単デザインうちわ

こちらは、ネット上で自分でデザインしたうちわが、自宅に完成品で届くサービスです。デザインと言っても、文字や絵柄を組み合わせていくだけですので超簡単。好きな文字と色の組み合わせで自分だけのオリジナルうちわをゲットしましょう!写真も入れられます。(スマホ対応)

早ければ、翌日に発送してくれますよ^^

ステンドうちわ


涼しげできれいなステンドうちわ。カラーセロハンを好きな形に切って貼るだけの簡単仕様です。セロハンは粘着性ですのでのりも必要ありません。夏休み等のお子様の工作に最適ですね。※セロハンの加工時、はさみやカッターの取り扱いには十分注意してください。

和紙で作る本格うちわ

和紙を自分で染めて作る本格うちわです。浴衣に良く合いそうですね^^専用絵具で染めて、きれいな柄を出すのは少し難しいですが、絵を描いても良いですし、文字でももちろん雰囲気が出ます。材質が和紙のため、まさにうちわ!といった趣で、風もどことなく和を感じるかもしれませんね。

うちわの歴史

今では、広告を載せた販促用途として大量に配られるうちわも、本来は納涼の(風を起こす)為に作られ、使われてきました。その歴史は長く、古代エジプトの壁画にもうちわが描かれていることは有名です。

日本で使われるようになったのは、弥生、古墳時代。木製のうちわが使われていたようです。木製じゃ相当重かったでしょうね^^;室町時代に入り、やっと現代の骨と紙を用いた軽いものに変わってきました。今から400年以上前の話ですね。

うちわは本来、風を起こし涼を取る道具として発展してきましたが、縁起もの・オシャレの道具としての意味合いも含み、後の現代では広告用・販促用としての道具と、時代ごとに持つ意味を変えて(増やして)発展してきたものです。

また、コンサートやスポーツ観戦・応援などのときに、会場の一体感や、目立つためにうちわが持たれるようになりました。自分で風を起こし涼をとりながらイベントを楽しむ、そんなスタイルがコンサート会場や甲子園等の応援席で見られますね。

さいごに

自分でできるオリジナルうちわキットの紹介、いかがでしたか?

夏の風物詩とはいうものの、現代ではコンサートやスポーツ観戦にも用いられ、その需要は年間を通して。うちわの見られない季節はありませんね。特にコンサート会場では、それぞれ趣向を凝らしたオリジナルうちわを持参されるお客さんも増え、コンサート当日までの「うちわ作り」という準備も楽しめるようになりました。

今回紹介のうちわキットは、自宅で作成できるものばかりですので、ぜひ、コンサートや花火大会に向けて、オリジナルうちわの製作を楽しんでください。他人と違ううちわを持って、特別な気分になれますし、自分で作ったものは愛着がわきますよね^^

アイドルのコンサートを何会場もはしごされるファンの方は、会場ごとに自作うちわを変えて、それを毎年コレクションしているツワモノもいらっしゃるようで、うちわの使われ方も奥が深いと感じます。思い入れがあるのですね。

暑さをやわらげ、思い出も作れるオリジナルうちわ。幅広く楽しめる日本の文化として、今年は自作にチャレンジしてみませんか?