浴衣 ネット通販

浴衣の通販安いものでも大丈夫?ネット購入時のコツとサイズについて

色々選べるからネットで買いたい
・サイズが合うか心配
・実際の色味や質感が心配
・自分で着られるか心配

夏本番に合わせて、浴衣を準備したいあなたに、インターネット通販で上手に浴衣を購入する方法を紹介します。ネット購入で心配なのはサイズ・色味・質感などですが、これらは事前に自分の目では確認ができません。買ってみたけど気に入らなくて(サイズが合わなくて)着れない、といった悲しい結果にならないポイントを覚えて、ネット上でお気に入りの浴衣を見つけましょう♪ 

通販の安い浴衣って大丈夫?

さてさて、気になる浴衣の相場です。花火大会等の浴衣で溢れる会場では、ライバルたち(笑)の着ている浴衣もきになりますよね。安すぎる浴衣で街に出るのは、なんとなく気恥ずかしいから、相場を知っておきたい気持ちもわらります。

しかし、浴衣のランキングを見ても相場があってないようなもの。この商品の特徴でしょうか。安いものは3,000円代からありますし、高いものだと10万円以上。これは材質の違いと織り方の違い、デザイン料などで変わってきます。

さすがに3,000円代の浴衣と数万円の浴衣は材質の違いが一目瞭然ですので、浴衣の質で張り合うのは厳しいのですが、要は着方(着付け)がきちんとできていれば、お求めやすい浴衣(例えば1万円前後)であっても、高級浴衣に見劣りしない着方ができると考えます。着付けは本当に大切になってきますね。あとは帯だけは絹のような良いものを付けるなどで工夫できますね。

高級浴衣をズバンと買える方は良いですが、何年着るかわからないものにいきなり投資するよりは、まずはお手頃な浴衣を購入して、着慣れていき、毎年着るようになればそれこそ自分だけの1着を用意しても良いのでは?と思います。

浴衣をネット通販で購入する時のポイント

たとえば、楽天のような大手通販サイトを利用する場合、登録されている数十~数百とある店舗から気に入った商品を購入することになりますが、お店の対応・在庫・表示などが様々で統一性がありません。そんな中でも、質感や色味をある程度知るコツがありますので見ていきましょう。

購入者レビューを見る

気に入ったデザインの浴衣が見つかったからと言って、すぐに購入ボタンを押してはいけません。大手通販サイトには必ず購入者レビューのページがあり、購入した方の感想が書き込まれています。これはその商品を持っている方の”生の声”ですので大変参考になります。「生地の手触りが悪く、肌が荒れた」や「画面で見る色よりちょっと薄かった(濃かった)」など、商品が届いてからでないとわからない情報が手に入りますので、購入者レビューは必読です。「すぐ破れた」や「色落ちしやすい」などの耐久性に関する情報が得られやすいのも、このレビューからです。

返品可能か確認してから購入する

届いた商品が気に入らない場合も考慮して、その通販のお店が返品・返金可能か調べておきます。通常、商品に不備があった場合は返品・返金は可能ですが、購入者の都合(気に入らないなど)で返品や交換が可能かどうかがネックになります。

「お客様都合での返品はいたしかねます」というお店も多いので、注意が必要です。そういった表記が見つからなければお店に直接問い合わせることも忘れずに。対応の良いお店なら丁寧に教えてくれるはずですよ^^返信が来ない・お店のスタッフの対応が悪いようなお店からは買うのはやめましょう。せっかく気持ちよく買い物をしたい気持ちが萎えてしまいます。浴衣にケチがついても悲しいですからね。

浴衣通販の選び方:サイズはフリーサイズが基本

売っている浴衣はほとんどがフリーザイズ。商品サイトにも「着丈163cm 裄丈67cm 袖丈:49cm」のように書かれていることがほとんどで、洋服のようにMサイズやLサイズといった表記を見かけませんね。

浴衣は丈は基本的に長く作られており、着る時に腰のあたりで織り込んでサイズ合わせします。これが浴衣の着方の醍醐味であり難しいところでもあります。ここが上手にできないと、やはりみっともない着方になります。身近に着付けのできる方が居れば素直に習いましょう。またご近所にたいてい着付け教室はありますので、習った方が確実です。1~2回で一通り着られるようになるはずです。(きっちりキレイに着られるようになるには回数が必要でしょう)

既成サイズのまま上手に織り込んで着る方が多いようですが、本当にきれいに着たければ、裾などは自分に合わせてお直しした方が良いですね。織り込み部分があまり多いとみっともない着方になってしまいます。通販店側で仕立てサービスをしていることもありますが、それこそ届いてみないとサイズがわからない状態になりますから、お直しの専門店に持ち込みましょう。

さいごに

どんなお気に入りの浴衣を見つけても、着付けがちゃんとできていないと残念な着方になってしまいます。最近はネット動画でいくらでも着方が調べられますが、ネット動画を参考に着てみたあなたの着付けを、ちゃんと着れているかどうか判断してくれる人が居ません。そのまま街に繰り出しては、恥ずかしい思いをすることになりかねません。

やはり1~2回地元の着付け教室に通って、指導を受けた方が無難ですし、プロの着付けを習えば「どうしてそう着るのか」もわかります。浴衣の着付けはどこでも習えますので、ご近所に着物を着るおばあちゃんなどがいらっしゃれば、声をかけてみても良いかもしれませんね^^美容室で着付けをしてくれるところも多いです。「着付けができる」というだけで、着付けの腕は??ですが、上手な人は上手ですので、こればかりは運ですが。

浴衣で行動するとどうしても着崩れてきます。この着崩れを自分でチェックして直せると、キレイに着続けられますので、そういったポイントも着付け教室で習えるとよいですね。着て出かけたものの、帰りはぐちゃぐちゃ・・・では浴衣も泣きますし、「残念な人」になってしまいます。

着物と違い、フランクに着られるイメージの浴衣ですが、実は奥深いお召し物です。しかし、日本の夏!日本の涼!!という感じで着るのも見るのも楽しい浴衣。もっと浴衣を着る若い世代が増えると嬉しいですね^^

こちらもどうぞ^^
➡「浴衣の着崩れをセルフチェック!自分で直して美しい立ち姿を保ちます