雨の日 車 視界不良

フロントガラスの雨の日の視界悪さを改善する簡単な2つの方法

梅雨のドライブの注意ポイント
・雨の日はとにかく視界が悪い
・歩行者にも気づきにくい
・豪雨だとワイパーが間に合わない

梅雨のおでかけで車を運転する場合、いちばんの心配事は「視界の悪さ」ではないですか?雨天でもなくとも怖い車の運転ですが、雨の日の視界の悪さは輪をかけて車を「便利だけど不便な乗り物」にしてしまいます。フロントガラスの見にくさはちょっとしたことで解消できますので、本格的な梅雨に入る前に愛車のメンテナンスを行いましょう。

ワイパー交換でフロントガラスの視界不良改善

雨の日の運転で、ワイパーを動かさない方はいないと思いますが、このワイパーのゴム部分(フロントガラスに触れる部分)は経年劣化で年を重ねるごとに水はけが悪くなっていることにお気づきですか?

ワイパーが劣化してくると、拭きムラ・拭き残しが出て視界が悪く、運転してもイライラしますよね。これまで何事も無く運転出来ているからいいものの、いつ事故につながってもおかしくない状況です。雨の日の事故率は晴天日の5倍とも言われています(首都高調べ)。ワイパーがちゃんと機能していないと感じたら直ぐにカーショップへお立ち寄りください。在庫があれば、ものの5分程度の時間で交換してくれます。

ワイパーゴムの耐用年数はおよそ1年と言われています。劣化がひどければ車検時に交換してもらえますが、車検は2年に1度。劣化の方が早く来るため注意が必要です。また、交換を自分で行うユーザーも多いのがワイパーゴム。自分の車に合った製品を選べる(もしくはカーショップで入手できる)なら、交換は自分でしても良いでしょう。交換の参考動画を乗せておきます。

ワイパーゴムの選び方から紹介されている親切・丁寧な動画です。

サイズさえわかれば、ネットでも買えますね。

雨の日ドライブ、ガラスコートで視界良好

あなたの愛車は購入の時に「ガラスコート」をしましたか?新車購入ならばおそらくお店ですすめられたと思います。ガラスコートとはその名の通りガラス面のコーティングのことで、フロントガラスなどの表面に膜を張り撥水します。洗車時のワックス要らずだと思って私も車購入の時には迷わずやってもらいました。

コーティングの種類・グレードにもよりますが、その効果は3カ月から1年程度。車を乗り続けてきて「最近撥水が悪いな~」と思ったら、ガラスコートの効き目が無くなっているのかもしれません。ガラスコートは2回目以降は本格的な下地処理が必要になるため料金が高いのです。そこで活躍するのが市販のガラスコーティング剤。車屋さんでもいろんなタイプを見かけますよね。
ガラスの劣化も進み、下地処理も本格的にできない中での素人コーティングですので、効果が続く期間は車によりまちまちですが、梅雨の期間中は効果が続くはずですよ^^ただ、コーティング剤は塗ってから1日くらい乾燥時間が必要なものが多いので、梅雨に入ってから慌てて塗ると、屋根が無い駐車場では乾燥前に濡れて流れてしまうことも考えられます。できれば、梅雨入り前に準備したい商品です。

撥水性のウォッシャー液も効果あり

フロントガラスの撥水という効果においては、撥水作用のあるウィンドーウォッシャー液に変えてみる、という工夫も出来ます。これはウォッシャー液に含まれる成分でフロントガラスの油膜を除去し、撥水効果を高めるものです。撥水効果を高めてある製品もたくさんありますので、ぜひお試しを!(雨の日にウォッシャー液を出す方も居ませんが、日頃から使用することで、フロントガラスの撥水性を高めることができます)

さいごに

雨の日の運転は、スリップに水跳ねに視界不良に・・・と注意する言葉ばかり。自分だけが気を付けても事故は無くなりません。歩行者・対向車・そして自身とご家族を守るために、運転者できる最善の安全運転をしましょう。

そのために必要なのは、やはり「日頃の車のメンテナンス」。愛車の状態をより良く知って、買った時のと同じようなクリアな視界で運転できるよう点検しましょう!ワンパー交換や自分で出来るガラスコーティングで、視界は見違えるほどクリアになります。

紹介したコーティング剤はガラス面にはすべて塗れますし、サイドミラーが汚れや水垢で見にくくなっていれば、サイドミラー専用のガラスコーティング剤も売られています。スプレータイプのものもあり簡単ですので、車に詳しくない方でも問題なく使用できます。

また、洗車に詳しくない方が、ガラス面にもボディ用のワックスを塗ってしまうケースが見られますが、ガラスには塗ってはいけません。ワックスに含まれる油分でガラス面がギラギラしてしまいます。研磨剤の含まれるワックスですと、さらにガラスを傷めてしまうことにもなりますので、フロントガラスにボディ用ワックスはアウトです。

できるだけ長く、元気に乗りたい愛車。少しずつ車のメンテナンスを覚えて、自分で出来ることは自分でやってみましょう!梅雨のドライブも快適になりますよ^^