子ども 箸の持ち方

子供の箸いつから練習?補正箸・矯正箸の効果は?あなた持ち方大丈夫?

1歳児が箸を持ちたがる
・箸はいつから練習するの?
・変な癖がつかないか心配
・矯正・補正箸は効果があるの?

1歳を越えてくると、子ども興味はあらゆるものに向きます。食事中親が箸で食べているのを見て「自分も!」と欲しがります。箸を持たせないと癇癪を起すこともあるでしょう。1歳児に箸は当然使えませんが、持たせてどんな握り方でも食べさせて良いものでしょうか?将来ちゃんと箸が使えない大人になっても悲しいですから、適正な時期にちゃんと教えてあげたいですね。

子どもの箸の練習はいつから?

日本では一般的に3歳~練習されるご家庭が多いようです。子どもは指先がまだ器用でないことと握力が弱い為、1歳児ですと教えても理解できず使えません。ただ、成長の早いお子さんもいますので、目安としてはスプーンを鉛筆持ちで食べられるようになれば、箸を教えられるサインとも言われます。何回もスプーンの鉛筆持ちを練習して、できるようになれば箸を与えても良いのではないでしょうか?

我が家の1歳児は、箸を持たせないと癇癪を起して料理をお皿事放り投げますので(笑)ついつい箸を持たせておとなしくさせてしまいます。やはり箸の持ち方は握りこんでしまいますが、なんだか親指だけを使ってお味噌汁の豆腐なんかを上手に挟んでは食べています。これはこれでかわいいのですが、将来ちゃんとした箸の持ち方ができなくなると思い、箸を与える回数を徐々に減らしています。

私も子どもの頃箸の持ち方が少しおかしくて小学生の頃に親に矯正さました。食事中毎回注意されて本当に嫌だった記憶があります。ただ、あの時に親が言い続けてくれたからこそ、今人前で箸を使っても恥ずかしくないわけで、自分の家族にも恥ずかしい思いをさせなくて済んでいます。そう、正しい橋の使い方ができないと、恥ずかしいのは本人だけでなく「あなたの家族」にも及ぶのですね。

子ども用の補正箸・矯正箸は効果があるの?

子ども用の補正箸・矯正箸は100円ショップでも売られている一般的な商品です。箸にリングが付いていたり、バネ式になっていて半自動で開くような商品ですね。これらを使えば、箸を正しく使えるようになるのでしょうか?

これは非常に難しい問題ですが、たとえばリングの付いた箸は、「指のどの位置に箸をあてがうか」といった基本的なことは覚えることができます。しかし、本来箸は人差し指と中指と親指で動かすものですが、リングで補正されているため人差し指だけで箸を動かす癖がついてしまうことがあります。ここが矯正箸・補正箸の怖いところ。しっかり親が見て・注意してあげないと「箸を持てるようになったけど、使い方が違う」という結果になりかねません。

補正箸・矯正箸を使う・使わないは自由ですし、箸をポロポロ落とされることを考えると、ありがたい商品です。しかし、子の教育は親の根気こそが将来の糧になりますので、ここは箸を落とされても粘り強く教えてあげたいですね。きっとあなたのお父さん・お母さんもそうしてくれたはずですから。

我が家では補正箸・矯正箸を使わずに教える選択をしました。あいかわらず癇癪を起していますが^^;

あなたの箸の持ち方、大丈夫ですか?

子どもに正しい箸の持ち方を教えるあなたの箸の持ち方は、本当に正しいですか?正しい箸の持ち方ができない人が、人に教えることはできません。もし自分ができないとしたら、または普段の箸の使い方が実は間違っていたとしたら、これは大問題ですね。大人になると箸の使い方が直らないと言います。たしかに何十年も積み重ねてきた癖はそう簡単に直りません。しかしこれは注意力の問題ですから、箸を持つたびに「自分の箸の持ち方、大丈夫かな?」と注意することができれば、直すことは可能と考えます。子どもの箸を教えるという良いタイミングですから、自分の箸の持ち方も見直してみましょう!

こちらの動画で、あなたの箸の持ち方が正しいかわかります。

意外と間違っている人多いのでは?「直したい!」という気持ちが強ければ、大人になってからでも直せます。

さいごに

子どもの成長は嬉しいもの。箸を使って、大人と同じように食事できるなんて微笑ましく感動ものですよね。ただ、あまり小さいときに箸を与えてしまうと、箸が正しく持てない・使えないまま大人になってしまいます。中学生にもなってから口うるさく箸の持ち方を注意するのは、するほうもされる方も嫌な気持ちになります。食事は楽しくしたいですからね!

箸の持ち方を教えるのは3歳くらいが適齢期と言われていますが、手先の器用な子は2歳前後でも良いのではないでしょうか?その際に補正箸・矯正箸を安易に使いだしてしまうと、「持ち方はおおむね合っているものの、指使いがおかしい」という残念な覚え方になる可能性があります。 補正箸・矯正箸を使うにしても、親が傍でしっかり見て、注意して上げられれること。これが一番肝要かと思います。

早い子で2~3カ月で覚えられるようですが、物覚えのスピードは個性ですから、ゆっくりじっくり根気強く教えてあげましょう。お子さんが大きくなった時に、「箸の持ち方で悩まなかったのは親の愛情のおかげだ」と気づく日が来るでしょう。(きっと自分の子どもを持った時だと思いますが)

お子さんに正しい箸の持ち方を教える前に、あなた自身が正しい持ち方が出来ているかのチェックは大切ですよ~^^ 意外と「できているつもり」になっている方、多いですからね。