古い日焼け止め

古い日焼け止め肌荒れがやかぶれが心配。使用方法と活用方法

古い日焼け止めが出てきた
・意外と使い切れない日焼け止め
・買い替えた方がいいのかしら
・肌への影響も心配

日焼けが心配で常備している日焼け止め。頻繁に塗ったつもりでも1シーズンで1本使い切ることって意外と少ないですよね。去年や、いつのかわからない日焼け止めって塗っても効果があるのかわからないし、肌に悪影響があっても心配。問題ないなら使いたいし・・・。そんなあなたのモヤモヤを解決します。

古い日焼け止め、使えるかどうかの見極め方

3~4年前の日焼け止めが出てきても、さすがに躊躇なく肌に塗る人はいないと思いますが、1~2年前だとなんとか使いたいなと思いますよね。たくさん使うと思って2、3本買っておいて未開封のものがあったり。最近は100均でも手に入りますが、無添加で肌に優しいものはお値段も良く、ななかな捨てるに忍びないのが日焼け止めです。

日焼け止めは消費期限が表示されているものがあります。経年で変質する可能性のある成分が含まれている場合は表示義務があるからです。ですので、未開封ならば3年、開封済みならば1年、などのように表示に従います。消費期限が商品によってまちまちなのは、入っている防腐剤の効力が違うからです。(防腐剤無しの無添加商品もあります)

消費期限の表示が無いものに関しては、色や匂いで判断します。ドロドロとした沈殿物が出てきて異臭がするようなものは当然使わないと思いますが、色はもともとどういう色だったのか覚えていないと判断が付きませんよね。匂いも「こんな匂いだったかな?」となりますし。

考え方としては、室内の直射日光の当たらないような場所に保管されていたのならば、開封してあっても1年程度なら問題ないでしょう。車の中やバッグにいれてあり適切でない環境に晒されていたものは、使用をやめましょう。

古い日焼け止めの肌への影響は?

古い日焼け止めを使って肌トラブルに見舞われても悲しいですよね。これは実際に試してみるしかありません。顔や首などにいきなり塗らずに、手や腕の一部で試してみましょう。かゆみやかぶれ等が出れば、その日焼け止めの成分が変質してしまっていることになります。

ただ、よほど保存に適さない環境下に置いていなければ、肌に影響がでるほどの変質は起きない、というのが私の感覚です。私は室内保存してあった日焼け止めなら平気で去年のものも使っています。もったいないですからね^^今まで肌トラブルに見舞われたことはありません。肌の敏感な方は慎重に試してくださいね。

また、思ったような日焼け止め効果が無ければ、経年で日焼け止め効果が薄れているということになります。本来の目的である日焼け止めができなければ、もったいなくても買い替えましょう。日焼け止めは毎年のように新製品が出ますし、同じ商品でも成分が変わり性能が上がっていることもあります。使えるかどうかの判断が難しいところですが、あなたの「実感」を信じて使うか・買い替えるか決めましょう。

捨てないで!古い日焼け止めの再利用法

では、「使わない」と決めた古い日焼け止めは、捨てる以外に使い道は無いのでしょうか?肌に直接塗り込む製品ですので、他に利用法は無いように思いますが、意外と使いどころはあります。

  • シルバー製品のツヤ出し
  • 油性マジックの汚れ落とし
  • シールはがし

など、お掃除の相棒として、かゆいところに手が届く使い方ができますよ^^シルバーのツヤ出しは歯磨き粉で代用する方法はよく紹介されていますが、日焼け止めでも出来るのですね。いろんなものを切って、ねちゃねちゃするハサミも、日焼け止めで拭き取れば、粘着物を除去することができます。生活の中でちょっとしたときに活躍しそうな「日焼け止めの第2の使い方」ですね。

さいごに

去年の日焼け止めを使うなんて、私ってケチなのかしら?いいえ、そんなことはありません。まだ使えるものを捨ててしまう方が問題ですし、そのような消費の仕方で経済を回してもゴミが増えて結局は自分たちの暮らしていく環境を悪くするだけです。「使えるものは使う」すばらしい精神ですよね。

ただ、なんでも「もったいないから」と古い日焼け止めを使ってしまうと、肌荒れの心配がありますし、効果が無くなっているかもしれません。まずは変質していないかを色や匂いから判断して、目立たない箇所(腕や手)で試してみると良いでしょう。

紫外線は毎年強くなっています。室内や木陰に居ても安心できないほどです。直射日光を避けるだけでは紫外線から身を守ることはできませんからね。日焼け止めが活躍するシーズンは5月~10月あたりですが、どれくらい日焼け止めを使うかは予想できません。

買い溜めして使い切れなかった。意外と外出が少なくて使いきれなかった。なんてことはよくあるケース。余ってしまった日焼け止めの再利用法も紹介しましたので、捨てる前にハサミでもキレイにしてみませんか??