簡単炭おこし

バーベキューで簡単に炭をおこす方法。道具を選び、安全に火おこしします

初めてのバーベキュー
・炭をおこせるか心配
・簡単に炭をおこす方法は?
・着火剤で大丈夫かな

初めてのバーベキュー!キットも買ったし炭もある、お肉を買ってあとは行くだけ!!意気揚々とバーベキューの日を心待ちにしているあなた、ちょっと待ってください!炭をおこした経験はありますか?バーベキューの一番の難所は炭おこしです。なかなか着火できずみんなイライラ、火はついたけど火力がぜんぜん上がらない。そんなバーベキューは嫌だ!簡単に炭がおこせる道具を用意して、スマートな着火で楽しいイベントをあなたがリードしてください^^

簡単炭おこしの決定版「チャコールスターター」

着火剤があるからなんとかなるでしょ。いいえ、着火剤も上手に使えなければ、1本使い切っても炭がおこせないこともあり、便利なようで取扱の難しいもの。ジェルタイプの着火剤での爆発・火傷事故も良く聞きます。できるだけ、手早く・簡単に・失敗なく炭をおこしたいですよね。

そこでアウトドア好きに定番となっているチャコールスターターの登場です。燃焼時の上昇気流を利用した”煙突効果”でみるみる炭がおきます。上手に使えれば新聞紙で炭おこしが完了しますよ^^

私が使っているのは円筒状のスターターですが、上記写真のような”たためるタイプ”の方が持ち運びや収納に便利でしょう。値段もほとんど変わりませんしね。ホームセンターで2,000円弱の商品ですが、お値段以上の効果。着火剤だけで炭おこしにチャレンジして「あ~また消えた~」「なかなか燃え広がらない~」といった炭おこしの悩みから開放されます。

チャコールスターターを使って上手に炭おこし

道具はちゃんと使えてこそ本来の威力を発揮します。ご紹介しているチャコールスターターもただ新聞紙を放り込んで炭を入れ、火を放てば確実につくわけではありません。

ちょっとしたコツがありますので、以下の動画をご覧ください。慌てずにポイントをしっかり押さえて炭おこしすれば、仲間を待たせる心配もありませんよ。

スターターを直接地面に置かず、地面の保護と下からの空気を確保します。そして着火剤を点火・投入し、炭を縦に入れていくだけです。あまり多く炭を入れ過ぎず、隙間を作って空気の流れを良くしましょう。

動画では着火剤を使用していますが、質の良い炭が手に入れば新聞紙を丸めたものだけでも着火剤の代わりにできます。着火剤はたくさん種類がありますが、固形のタイプが安全で良いでしょう。安いものだと100円くらいで買えます。たくさんあっても使いきれないので、その都度少量買うようにしましょう。固形タイプは一度開封するとしけて火付きが悪くなることがあります。たくさん残ってしまったらジップロックのビニール袋で保存すれば、しばらく持ちます。

炭が順調におきてきたら、うちわで煽っても良いでしょう。火の回りが早くなります。私の友人は、電池式のミニ扇風機を持ち込んで、うちわの代わりに風を送ってました(笑)どこまで面倒くさがりなんだ!と思いましたが、実際火のまわりが早い早い!

炭は、まんべんなく火が回っていると実に良い火力が保てます。炭おこしに失敗していると、火はついているものの、火力が上がず肉が全然焼けない・・・といったイライラモードに突入です。バーベキューのメインはなんといっても肉ですから、最適な火力に素早くもっていけるように道具を使いたいですね。

炭はなんでも良い?作り手で質が違います

ホームセンターで売っている炭は、1箱500円なんて格安のものがありますよね。わたしもホームセンターで炭を買うことがありますが、近所の炭焼き職人が作っている炭と比べると「煙の量・火力・火の持ち」が違うなと感じます。どれも気にしなければ良いのですが、やはり一度すばらしい炭を使ってしまうと、次もこの炭でバーベキューしたい!と思いますね。

わたしのように近所に炭焼きおじいさんが居るケースは、そうそうないと思いますが、海外の大量生産でない”手作りの炭”が手に入る環境ならば、ぜひ分けてもらいましょう!備長炭のようなブランド炭でなければ、そんなに高く売っている人はいませんよ^^うちの近所は炭をお米と交換してくれます。助かりますね。

さいごに

チャコールスターター、いつから一般に出回るようになったのかわかりませんが、キャンプシーズンになるとホームセンターでも必ず見ますね。

わたしも最初は「こんなので炭がおこせるの?」と半信半疑でした。だってただの筒だし・・・(笑)でも実際に新聞紙で簡単に炭がおこせてしまうと、手放せなくなりますよね。

我が家では、さらに進化してガスバーナーで強引に火をつけてしまいますが、バーナーは子どものいるところでは危険ですし、ガスを使うので取扱いにも気をつけなくてはなりません。アウトドアに持ち出すには原始的なチャコールスターターは重宝します。火の性質を利用した原始的な道具ですが、その威力は折り紙付きです。お子さんなどがいれば、一緒に炭おこししても楽しいと思いますよ^^手順を守れば安全にかつ確実に着火できます。

バーベキューにおでかけの際はぜひ、持ち込みたいですね。