浴室 カビ対策

浴室のカビ対策用おすすめ清掃グッズの紹介。お風呂を清潔に保つコツ

浴室のカビなんとかしたい!
・湿気が原因なのはわかるけど
・なかなか上手に対策できない
・パッキンのカビは取れるの?

梅雨時のジメジメした時期でなくとも気になる浴室のカビ。水回りのカビ予防はわかっていてもなかななかできません。狭かったり天井が高かったりと掃除しにくい箇所でもありますよね。カビを発生させないためには湿度管理が重要ですが、風呂場の窓をあけておくだけでは不十分です。湿気取りの方法を理解して、空気の流れを作り、快適なお風呂環境を保ちましょう!

浴室のカビ対策:まずは掃除&除菌

お風呂場のカビは一度発生してしまうと、お掃除のプロでもなかなか除去できません。カビは細菌と違って根がありますので、これがパッキン等に入り込むと完全に根絶することが難しくなります。今の状態より悪くしないためにも、一度徹底的に浴室の掃除をし、それから日々の換気等に気を付けていきましょう。ハウスクリーニングを利用しても良いですが、ご自身でやられる場合は下記のポイントに注目して掃除をしてください。

しつこいカビにはプロ用洗剤

本当はカビが蔓延してしまう前に予防したいのですが、生えてしまったものはこれ以上広がらないようにしたいですね。カビの根に効く洗剤は色々ありますが、換気をしっかりしながら使用してください。人体によくない場合があります。とくに天井など、自分より高い位置に塗布する場合は吸い込みやすくなりますので注意が必要です。換気扇+窓全開ですね!

浴室の天井掃除は専用モップを

手の届かない場所はどうしても掃除をためらいがち。浴室の天井には専用モップを使いましょう。浴槽に上ったり、椅子を持ち込んでは危ないですからね。吸収性の高いスポンジとセットで使うと、天井の水滴を上手に除去できますよ。

しっかり掃除できたら最後に除菌

湿気対策にばかり目が行って、除菌に関してあまり注目される方はいませんが、浴室の除菌はカビの原因となる菌を除菌できますのでオススメです。室内で使用する”バルサン”のように煙をたいて浴室全体を除菌するタイプが良いでしょう。2カ月に1回は除菌したいですね。

浴室のカビ対策:日々の掃除と換気方法

浴室のカビ対策は「におい対策」にもなります。においの原因は雑菌の繁殖。上記の除菌グッズを上手に使って、不快なにおいの原因を絶ちます。においはきになるけれど、対策を特にしないご家庭が50%以上、というデータもあります。わかっていてもできないのが「におい対策」なのですね。

また、気になるのが窓の水滴ですよね。窓の結露を吸収するテープ等も市販されていますが、ああいったものは貼りっぱなしになり、水分が溜まるとカビの温床になるケースもありますので、浴槽に貼るならば注意が必要です。できるだけタオル等でふき取るほうが良いでしょう。ただ、浴槽の換気がしっかりできれば、窓や鏡などの水滴は神経質に拭き取らなくても大丈夫ですよ。

大切なのは換気です。お風呂を使い終わったあと、ただ窓を開けるだけのご家庭もあるようですが、空気の流れを作らないと浴室の湿気は滞留し、出ていきません。一番良いのは朝まで浴室の換気扇をつけっぱなしにすること。これならば強制的に空気の流れができ、湿気が外に排出されます。電気代がもったいないから、と換気扇をつけっぱなしにすることがためらわれるかもしれませんが、換気扇使用のひと月の電気代は微々たるもの、浴室がカビてしまいハウスクリーニングを頼む方がよっぽど高くつきます。

一番最後にお風呂から出る方が、50℃以上の熱湯シャワーでサッと浴室を洗い流せると、さらにカビ対策効果は高まります。カビ菌は50℃で死滅します。

脱衣所のカビ対策:湿気取りの方法は?

浴室のカビ対策は理解していただけたと思います。浴室と部屋続きの脱衣所はどうでしょうか?こちらも油断すると風呂場の湿気が流れ込みますので、カビたり、床が腐ってきたりしますよね。脱衣所にも換気扇が付いているかと思いますので、使用後に付けておくのもひとつの方法です。

浴室も脱衣所も両方とも換気扇を回しておくのはさすがにエコじゃないなぁ、と思われるかもしれません。そんなあなたには、乾燥材の使用をおすすめします。市販の湿気取りを脱衣所の隅に置いても良いのですが、すぐに水が溜まり、処理も面倒ですよね。

そんなときは、シリカゲル(乾燥材)を買って、入れ物に入れておくだけでも湿気取りの効果がありますよ^^空きビンにシリカゲルを入れ、布やガーゼでフタをしておくだけでもオシャレですね^^

シリカゲル ビン

ジメジメした梅雨などは、とくに浴室・脱衣所のカビが気になります。乾燥材もオシャレに飾って、湿気の多い憂鬱な季節を乗り切りたいですね。

さいごに

浴室の湿気は、1年中気になりますね。

裸で入る場所ですので、触れる物は特に清潔感を保ちたいもの。リラックスしようと湯船に浸かって天井を見たらカビがビッシリ・・・なんてのを目にしたら、リラックス効果も無くなりますよね。そうはいってもパッキンや窓サッシなどはカビやすく「浴槽はこういうものだ」と諦めていませんか?換気を上手にすること、除菌と湿気取りを確実に行っていれば、浴室と言えどもカビを予防することができます。

一度カビが根を張ってしまうと、なかなかプロの清掃屋さんでも対処が難しくなります。今のお風呂よりカビを増やさないためにも、お風呂のお掃除グッズを上手に使ってカビ退治をしましょう!そのあとは日々の換気さえ出来ていれば、カビ臭くて仕方ない!なんてお風呂にはなりませんよ^^