熱帯夜 快眠法

暑くて眠れない!熱帯夜にエアコン無しでも快眠を得る方法。

熱帯夜で眠れない!
・暑くて寝苦しい
・明日も仕事なのに寝不足だ
・エアコン使わずに眠りたい

本格的な夏を迎え、いよいよ熱帯夜で寝苦しい日々に入りました。睡眠は体力を回復し、精神もリフレッシュするもっとも大切な健康法。この睡眠を暑さで妨げられたとあってはたまりませんね。部屋にエアコン無し。扇風機はうるさいし、窓を開けて寝るのも騒音や空気が汚れそうで心配。なんとか暑さを忘れて眠りたい!そんなあなたに最適な快眠法を紹介しますよ!

部屋にエアコンが無くても熱帯夜に快眠できます

暑くて眠れない日が続くと、日常生活にも支障が出ます。寝たい寝たいと思うほど暑さが堪えます。エアコンが無いあなたの部屋でも快適に眠りにつく方法があるので紹介します。あなたに合った方法をみつけて、熱帯夜を乗り切りましょう!

涼感・冷感シーツでひんやり

汗に反応して熱を吸収する素材を使ったシーツがあります。人間は寝ている間にコップ一杯半もの汗をかきますから、寝ている間中冷感が続くシーツなんですね。頭や足のひんやり感がつづくことで、「暑くて寝付けない」「暑くて夜中に起きてしまう」といった症状を緩和します。この冷感シーツ、いろんなメーカーから出ていますが、色がほとんど水色。素材的に他の色が作れないのか、水色で涼感を出しているのかわかりませんが、もうちょっと色のバリエーションが欲しかったですね。商品を選ばれるときには、あなたのマットや布団のサイズに合わせたものを選んでください。

氷で頭や脇などを冷やす

保冷剤や氷枕で頭を冷やすのも、熱帯夜で眠れないときに有効です。頭を冷やすことで、体温を下げる効果があります。あまりキンキンに冷やすと、今度は頭が痛くなりますので、保冷剤・氷枕はタオル等で巻いて使いましょう。

また、頭以外にも脇や足の付け根などの太い血管が通っている個所を冷やすのも効果的。太い血管の場所を冷やすことで全身に冷えた血液が流れ、体全体を適度に冷やしていきます。氷は体温でどんどん溶けていきますので、タオルを巻いて脇に挟んだからと言って、朝まで冷え続けてしまう心配はありません。寝ている間に自然にはずれてしまう場合も多いです。

ぬるめのお風呂を就寝1時間前に入る

暑いときに暑い風呂になんて入れるか!と夏はシャワーで済ませていませんか?ぬるめのお風呂(38、39度)は、リラックス効果を生み、眠りに入りやすくします。ぬるめのお風呂に15分程度ゆっくり入り、眠りに入りやすい状態を作ります。

お風呂に入る時間は、体温が下がったのを感じると眠くなる性質を利用して、就寝の1時間程度前が良いでしょう。

熱帯夜の快眠法:部屋の空気の流れを作る

扇風機はうるさいし風が心地よくないから、と寝る時に扇風機をかけたくないかもしれません。静かな扇風機もたくさん出ていますし、最近はサーキュレータという扇風機に似た送風機もあります。

熱帯夜の寝苦しさを少しでも緩和するには、部屋の空気の流れを作ることが大切です。サーキュレータは空気の流れを作るのが得意ですから、人に向けずに上に向けて、部屋全体の空気が循環するような使い方をします。これならば自分の傍に置いておく必要が無いので、ファンの音が気にならない位置に離せます。冷たい空気は下に下がってくる性質がありますので、サーキュレータ等で冷やされた空気が寝ているあなたの方へ降りてきます。

サーキュレータは扇風機に比べてあまり機能が多くないのが特徴です。たくさんのメーカーがありますが、リモコンが無かったり、タイマー機能が無かったりしますので、あなたの用途に合った使い方のできる機種を選定しましょう。

暑いのを我慢して寝ても体は休まりません

夏の暑さは日中だけにしてほしいですよね。夜まで暑くては体の休まるときがありません。暑いのを我慢し「夏はこういうものだから」と機器等に頼らずに寝ることは、体調を崩す原因にもなります。適切な睡眠が取れないと、脳と体の疲れが取れませんし、からだの成長を止め、老化を早めるともいわれています。

サーキュレータで空気の循環、などのちょっとした工夫で部屋の快適度をあげることはできます。睡眠時間を確保して、日中元気に過ごしましょう!夏バテ対策にも睡眠は大切ですよ。

 

さいごに

ひと昔前に「冷風機」なるものが流行りました。水や氷を入れたタンクを装着し、ファンで冷たい空気を送る、という機器でした。水が室温ですぐに温まってしまうため、冷たい空気を送りつづけることができず、効果が期待ハズレだったようで、夏のリサイクルショップで大量に見かけます。水を入れるという手間の割に扇風機並みの効果ならば「扇風機でいいじゃん!」となったのでしょう。扇風機もある程度涼しいのですが、30℃を越える熱帯夜だと扇風機で送られてくる風も生暖かく、かえって心地悪さが倍増します。

わたしの部屋にもエアコンが無く、夏には窓を開けて寝ていました。寝つきが悪く、暑くて夜中に何度も起きる、寝汗で気持ち悪くて夜中に着替える。そんな夜を繰り返していると体調を崩します。窓を開けて寝ると、夏とはいえ朝方は冷えた風が入ってきますので、風邪引きまっしぐらです。

なんとか寝つきを良くしたいと考えて導入してきたのが、冷感シーツとサーキュレータです。冷感シーツは汗を吸ってくれるタイプを選びましたので、夜中に汗だくで着替えるということが無くなりました。ひんやりした触感は、寝つきが全然違いますよ!ぜひお試しあれ。窓を開けて、自然の風で何とかしようとケチなことを考えていた時間をもったいなく感じています。

「暑い・・・寝苦しい・・・」から解放されるために、快眠グッズを早めに検討できると良いですね。