読書感想文 小学生

読書感想文の書き方 小学生、低学年向けの親からのアドバイス

子どもの読書感想文
・どうやったら上手くまとまる?
・親ができるアドバイスは?
・感想文に適した本はあるの?

夏休みの課題「読書感想文」。親を巻き込んでの一大イベントですね。わたしも子どもの頃の夏休みは、自由研究と同じくらい感想文が嫌いでした。本を読むのが好きでないことに加え、何を書いたらいいかわからないのが大きな理由ですね。もちろん親によく手伝ってもらいましたが、お父さん、お母さんから適切なアドバイスがもらえれば、なんとかまとまりの良い感想文が書けるものです。お子さんにどんなアドバイスをすれば、子どもの主体性を損なうことなく、感想文を書かせられるのでしょう?

読書感想文の書き方 小学生、低学年に親ができるアドバイス

読書感想文の書き方に悩むお子さんに、親ができるアドバイスは、「本のテーマ」を見つけてあげることです。テーマとは”その本が伝えたいこと”。これがわかっていなかったりブレてしまうと、いざ感想文を書こうとしたときに言葉が出てきません。
一度お子さんひとりで本を読ませたあとに、親がもう一度読んであげて、そこで初めてテーマを見つけていきます。このときに「テーマはこれだから」と親が決めたり、答えを先取りしてはいけません。あくまでお子さんの課題ですので、自主性を重んじます。
ただ、低学年ともなるとテーマを見つけることすら難しいもの。「この本は何が言いたいのかな?」と、それっぽい答えがお子さんの口から出てくるまで、根気よく付き合います。

読書感想文を親が書いてあげるご家庭が多いと聞きます。たしかに低学年に原稿用紙2枚分もの感想文はかなりボリュームが多いですよね。学校では感想文の書き方は教えてくれませんし。親が手伝ってあげる・リードしてあげる、くらいなら良いですが、結局はお子さんのためになりません。困ったらなんでも親がやってくれると子どもながらにインプットされてしまいますからね。鬼になる必要はないですが、子どもなりの考え・答えが漠然とでも良いので出てくるまで我慢しましょう。

読書感想文の書き方 小学生向けの本の選び方

学校の図書館にある本をお子さんが自分で選んでも良いのですが、低学年に文字だらけの本はまだ難しく、読むのに時間がかかって、読み終わる頃には内容を忘れてしまうこともあります。
小学生向けの読書感想文に適した本というものがあります。読書感想文コンクールの課題図書です。確認してみると、低学年向けの図書は絵本がほとんどですね。これなら楽しんで見られますし、数回読んでもストレスになりません。感想文の提出にまだ日があるようでしたら、今から感想文を書きやすい図書に変えても良いかもしれませんね。

青少年読書感想文全国コンクール 課題図書

課題図書は毎年変わりますのでチェックしてみてください。読書感想文が上手に書けたら、コンクールに応募してみるのも良いでしょう^^

読書感想文の書き方 原稿用紙に書くときの文章の構成

いざ読書感想文を書こう!となったときに、原稿用紙にどのような文章構成で書き出すのかわかりません。
読みやすい文章は「起承転結」が大切などと言われますが、低学年生の文章ですので、壮大な起承転結は必要ありません。ただ、文章の波があった方が読みやすく、うまくまとまった感想文になりますので、親御さんが下記の点に注意してあげながら仕上げていきます。
冒頭から、
1、本を読む前の子ども気持ち
2、本が伝えたいことは何なのか?
3、本を読み終わってからの気持ちの変化

これを意識するだけです。その時に、最初にお子さんと話し合った「本のテーマ(本が伝えたいこと)」がブレ無いようにしてあげることが大切。これ以上親が手を加えてしまうと、親のあなたが書いた感想文になりますので、あくまでもお子さんの気持ちを大切にしてください。字が間違っても、汚くても本人に書かせることで、子ども自身が「やった!」という気持ちが芽生えます。

まとめ

読書嫌い、文章書くのニガテ、というお子さん、多いですよね。ご自身も読書感想文には苦労された経験があるのではないでしょうか?

読書感想文も、書くためのテクニックがあり、親がしてあげられることは、そのテクニックを「いかにわかりやすくお子さんに伝えるか」です。難しいことはありません。本のテーマを一緒に見つけ出し、読書前後の子どもの心の変化を子どもの言葉で文章にしていくだけです。
親が難しく考えてしまうと、お子さんはもっと難しくなってしまいます。テーマのわかりやすい「読書感想文に適した本」を選定してあげるのも、感想文でつまづかないコツのひとつですね^^

読書感想文は、夏休み最後の大仕事です。親子がコミュニケーションを深めるイベントとして親身に付き合ってあげましょう。