夏休みの宿題

小学生の夏休みの宿題、親が手伝っても良い?子どもに宿題をやらせるには

子どもの宿題で夫婦喧嘩
・親が手伝ったほうが、、、
・いや、まずやらせるべきだ!
・子どもの為になるのはどっち?

子どもの教育方針を巡って、いつも夫婦喧嘩。夏休みの宿題も、なかなか始めない子どもについつい手出し・口出ししてしまうママと、なんでも始めは自分でやらせたい、失敗もさせたいパパの思いが交錯して不穏な空気が・・・子ども宿題、手伝うのが正解なのでしょうか?

小学生の夏休みの宿題、親の関わり方

小学生の宿題は、普段であろうと夏休みであろうと手伝ってあげるのが、親の関わり方として良いと考えます。「まずは自分で考えさせたい・自分で考える力を付けさせたい」、そう考えるパパの気持ちもわかりますが、大人ですら人に教わって、やり方・考え方を何度も繰り返さないと理解できません。小学生に「自分でやってみなさい」は酷な状況です。子どもにしてみれば、「学校では先生が教えてくれるのに、家では誰も教えてくれない・・・」となりますよね。

わたしも会社では部下を指導する立場ですが、個人差はあるものの、教える時には「自分でやって見せて、説明して、同じようにさせてみせ、そして出来栄え確認」ということの繰り返しをしないと作業者として成長しません。「マニュアル(手順書)があるから、これ通りやって」などと突き放すと、あとで必ず不良となって帰ってきます。大人になってからでも基礎学習は大切なのですね。

小学生のうちは、基礎学習の段階です。この時期に自分流のやりかたを見つける癖がついてしまうと、基礎をすっ飛ばして我流の方法が身に付いてしまいます。我流は個性だ!と言われる親御さんもいらっしゃいますが、基礎があっての個性。基礎を学ばなければならない大事な時期に、親の付き添い(手伝い)無くして、勉強は難しいでしょう。間違っていなくとも効率の悪いものの考え方などが身に付いてしまうと、一生ものです。勉強も技術も”基礎”こそが重視される事ではないでしょうか?

応用力も、基礎をしっているからこそ発揮できる能力です、「まず、自分で考えてみなさい」は中学生以上からで良いと思いますよ。

小学生は夏休みの宿題なんかしない

あなたは宿題好きでしたか?あまり宿題が好きだったという方も居ないと思いますが、お子さんも宿題なんかなければいいのに!大嫌い!!と思っているんじゃないでしょうか。小学生の子どもはどこもそんなものです。
勉強を好きにさせよう、自主的に机に向かうようにしよう、という気持ちは逆効果です。お子さんが自分で学ぶことの楽しさを発見しない限り、勉強を好きになることはありません。

今はスマホ・タブレットなどのゲーム、テレビなど夢中になるものがたくさんあります。そういったものに宿題が勝てるとはとても思いません。子どもの嫌がることをやらせるのですから、親としても精一杯付き添ってあげたいですね!

夏休みの宿題をやらせるには

小学生のお子さんに宿題をやらせるにはテクニックがあります。それは日課にすることです。スケジュールを組んでもどうせやらないし・・・と思われますよね。実際そうなのです。”この通りにやりなさい”では子どもはやりません。親が付きそうことが大切です。

学校の先生のように上手に教える必要はありませんし、できません。子どもの「わからない・めんどくさい」気持ちを大きくしないよう、一緒に考えよう!という気持ちで寄り添ってあげると良いですね。

親が、問題を解いて見せて、説明しつつ子どもにも解かせてみる。できれば褒めてあげる、できなければ何度でも教える。これを根気よく続ければ、スケジュールの時間には、子どもは自然と机に座るようになるのではないでしょうか。

親の手が空く時間にスケジュールを組むしかないのですが、可能であれば、学校に行っている時間帯を宿題の時間に設定できると良いですね。いつもテレビを見るような時間は、やはりテレビのことが気になって集中できませんので。

また、休みに入る前にまとめて宿題を終わらせてしまう、という方法も良く目にしますが、勉強する・机に向かうということが日課にするための宿題です。コツコツ毎日続けられる習慣がついた方が今後の為にも良いですよね。

ニンジンをぶら下げる方法は好まない方もいるかもしれませんが、やはり頑張ったならご褒美をあげたいですね!私なら「毎日できたら好きなもの買ってあげる」くらいの事を言って、やる気に拍車をかけてしまうでしょう(笑

まとめ

小学生、特に低学年ともなると「自分で考えなさい」はまだ早いということを意識しましょう。「なんでも子どもを手伝ってあげる妻」と「まずは自分でやらせたい夫」の教育方針の違いで夫婦喧嘩・・・なんて子どもも見たくありません。

怒っても勉強はできるようになりませんし、習慣付きません。親が宿題に付き合ってあげられる時間帯を決めて、毎日の日課にしましょう。集中力が付けば、学校の宿題はそんなに難しくないことがわかってくるでしょう。日課になるまでは親との根気比べですから、我慢強く、なんどでも教えてあげます。3回同じことを聞いたら大人なら怒られますが、お子さんには「わかるまで何度でも」ですよ^^

子育ては忍耐ですからね。