運動会 お弁当

運動会のお弁当 前日作り置きできるおかずと保冷剤を長持ちさせる方法

運動会のお弁当、作り置きはOK?
・作り置きは食中毒が心配
・前日に作れるおかずはあるの?
・お弁当の保冷剤長持ち方法は?

運動会のお弁当は朝全部作っていては忙しいから、できれば前日に作りたい!でも傷まないか心配だなぁという奥様に、作り置きはしない方が良い食材と、前日に作っても持ちのよいおかずを紹介します。合わせて保冷材の長持ち方法も覚えて、お昼に安全にいただきましょう!

運動会のお弁当 前日から作ると傷まないか心配

前日にほとんどのおかずを作り置きされる奥様もいるようですが、冷蔵庫に入れておいても調理後は雑菌が繁殖します。運動会当日の気温やお弁当の保管状況によっては、朝作ったものでも食中毒になる危険は十分にあります。

特に怖いのが卵料理です。卵は火を通しても、半熟の状態だと雑菌が繁殖しやすく、食中毒になるケースが後を絶ちません。

また、揚げ物も前日に揚げたりすると、油の酸化が進み傷みやすくなります。生野菜などの水分の多い食材は傷みやすいため、加工するのは当日が良いでしょう。ハムやかまぼこなどの練り物も傷みやすい食材とされています。

お弁当の作り置きができる運動会用メニュー

傷みやすい食材に気を付ければ、お弁当の作り置きは可能です。運動会で子どもたちが喜ぶメニューを中心に、前日から作れるおかずを紹介します。

  • 煮物(きんぴらごぼう等)
  • サラダ(ポテトサラダ)
  • パスタ
  • おひたし(ほうれん草等)

前日作り置きのポイントは冷凍保存することと自然解凍すること。作ったら冷まして冷凍庫へ、朝お弁当を詰める時に出してあとは自然解凍。これでおいしくいただけます。お弁当は温かいものを入れると腐りやすくなるので、すべて冷ましてから詰めます。

唐揚げの下味つけや、エビフライを衣までつけて、当日揚げるだけにしておく、等の工夫も出来ますね。当然保管は冷蔵庫です。

これだけでも作って置ければ、当日朝の忙しさが少しは和らぐでしょう!初めての運動会用お弁当ともなれば勝手がわかりませんので、やはり当日作る量を減らせれば助かりますよね^^

保冷剤を長持ちさせる方法 お弁当の傷み予防

お弁当が温まらないように、運動会当日は日陰に置き、保冷バッグに保冷剤を入れる等して対策されると思います。

家庭用のよくある小さいサイズの保冷剤(ケーキ屋さん等で付けてくれるあのサイズです)は、保冷環境で4~5時間持つと言われています。
保冷バッグ等の利用で保冷環境を作ってあげることが一番重要です。お弁当に温かいおかずが入っていると、その熱で保冷剤はどんどん溶けてしまいます。熱が出た時などにおでこに付けておくと1時間ほどで溶けてしまいますよね。

保冷剤は、一か所にまとめて入れると、お互いがお互いを冷やすので、溶ける時間が長くなる傾向がありますので試してみてください。また、保冷剤自体にアルミホイルや新聞紙を巻くと、持続時間が多少伸びるようです。

お弁当を準備してから食べるまでに大体6~7時間でしょうか。もし心配な方は、保冷剤の予備をクーラーボックスなどで準備しておくと良いでしょう。

まとめ

運動会の朝はとにかく忙しいですよね。お弁当はお子様の好きなものを張り切って作ってあげたいものですが、手間もかかるので前日からの準備を進めましょう!卵料理や肉料理、練り物、ハム等に気を付けて、痛みにくいおかずは前日準備できるとだいぶ楽になりますよね^^

どんなに気を付けても雑菌は繁殖しますので、当日はお弁当の保管方法にも注意しましょう。車のなかに置きっぱなしというのは一番危ないです。車内は日中の日差しで50℃以上にもなります。

日陰+保冷バッグ+保冷剤は必須。保冷剤も一か所に固めたりアルミホイルを巻いたりして保冷時間をなるべく伸ばし、お弁当が温まらないように注意します。お弁当を準備する時に”おかずを温かいままお弁当箱に詰めない”ことも重要です。

食中毒になって辛いのはあなたのご家族ですし、周りにも心配をかけてしまいます。ちょっとした工夫や気遣いで食中毒は防げますので、運動会のお弁当作りの参考になさってください。